MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

膵炎(すいえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

 

これまで生前の診断が難しかった病気があります。

%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%b5%e3%82%9a%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%b3
今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「膵炎(すいえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

膵炎(すいえん)

「膵炎(すいえん)」は、これまでは生前の診断が難しかった病気ですが、近年、猫における「膵炎(すいえん)」の有効な診断法が開発されたということです。

「膵炎(すいえん)」の原因・症状

猫の「膵炎(すいえん)」は、特徴的な症状がなく、元気消失、食欲不振などはあるものの、その症状から「膵炎(すいえん)」の疑いを掛けるのは困難であると言われています。
傾向として、「肝外胆管閉塞(かんがいたんかんへいそく)」を併発することが多く、症状として黄疸が見られることもあるようです。
(※「肝外胆管閉塞(かんがいたんかんへいそく) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気」)
「膵炎(すいえん)」の原因は明らかにはなっていませんが、「胆管」と「膵管」が同じ位置に開口しているため、「胆管」における異常が確認された猫は「膵炎(すいえん)」に掛かりやすいと言われているようです。
「膵炎(すいえん)」になった猫は、「腸炎」や「胆管肝炎(たんかんかんえん)」などが併発していることもあるため、これらの疾患がそれぞれに関与している可能性が高いと考えられています。
(※「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気」)
また、外傷や感染病、「脂肪異栄養症」や「有機リン化合物」「高カルシウム血症」「肝リピドーシス」などが関与しているとも考えられています。
(※「肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気」)
動物病院での診断は、「膵炎(すいえん)」に特異的な「猫膵特異的リパーゼ」の検査によって行われます。
これは近年開発された検査法で、「猫膵特異的リパーゼ」の値が上昇していた場合、腹部超音波検査によって膵臓の状態を確認します。
膵臓の大きさが肥大していたり、他膵臓に異常がある場合は「膵炎(すいえん)」の可能性があります。
「膵炎(すいえん)」をより正確に診断するためには、外科手術や腹腔鏡を使用して膵臓の細胞を塊状に採取し検査する組織生検が必要になります。
病理組織検査によって、膵臓における炎症の状況を把握することができます。
治療としては、点滴などによる対症療法や、慢性膵炎の場合はステロイド剤の投与などが考えられますが、ステロイド剤の副作用などへの注意が必要であるということです。
また「膵炎(すいえん)」である場合は腹痛を伴うと言われているため、鎮痛薬の投与も必要になるでしょう。
「膵炎(すいえん)」は、「糖尿病」や他の疾患と合併していることもあるため、合併症に対する治療も重要となります。
(※「糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の右心室入り口に存在する「三尖弁(さんせんべん)」という弁が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

野兎病(やとびょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

もともとは野うさぎやリス、ネズミなどの病気でしたが猫に対しても病原性のある病気があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「野兎病(やとびょう)」について見ていきます。

Q熱(きゅうねつ) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ダニなどの吸血昆虫が感染源として可能性の高い細菌性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「Q熱(きゅうねつ)」について見ていきます。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

ネコカリシウイルス性関節症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ウイルス感染が原因で起こる一過性の多発性関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「ネコカリシウイルス性関節症」について見ていきます。

脾臓(ひぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脾臓(ひぞう)における腫瘍では「肥満細胞腫」「リンパ腫」の発生リスクが高い傾向にあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「脾臓(ひぞう)における腫瘍」について見ていきます。

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

猫における内分泌疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」について見ていきます。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。