MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

 

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。

%e3%81%af%e3%81%a1%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%bf%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99
今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

Sponsored Link

肝リピドーシス

肝臓に脂肪が蓄積することで肝臓が腫れて、肝機能が低下する病気です。

「肝リピドーシス」の原因・症状

「肝リピドーシス」は、肝臓が腫れて、肝機能が低下し、肝臓内の胆汁が滞留することで黄疸が見られるようになります。
他の症状としては、元気消失、食欲減退、また下痢、便秘、嘔吐などの消化器症状や、体重減少、脱水症状、症状が悪化すると痙攣や意識障害、よだれを流すようになるといった肝性脳症が現れることもあります。
「肝リピドーシス」の原因としては、「胆管炎(たんかんえん)」や「胆管肝炎(たんかんかんえん)」などの病気や、急な食事の変化によって、猫が食べることができなくなってしまった時に発生します。
(※「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気」)
猫は食事をせずカロリーを摂取しなくなると、脂肪が肝臓へ急激に運ばれ、肝臓に脂肪が蓄積していきます。
食事による原因の他には、ストレスを感じることによって発生することもあると言われています。
また、「肝リピドーシス」になった猫の多くは肥満が原因の場合も多く、「肝リピドーシス」になることで食欲不振が起こり体重が減少していきます。
動物病院での診断は、血液検査によって、肝臓酵素、中性脂肪、コレステロールなどの上昇、黄疸を示した猫に関しては血中のビリルビン値の上昇などの確認によって行われることになるでしょう。
また神経症状がある場合には、血液検査を行うことで高アンモニア血症が確認されることもあります。
またX腺検査や超音波検査によって肝臓の腫れを確認することになるでしょう。
病理組織検査で幹細胞に蓄積されている脂肪の状態を顕微鏡で評価したり、肝臓組織のいち部を細菌培養したりといった検査も行われることになるかもしれません。
治療としては、食事療法が最も有効な治療であり、タンパク質を多く含んでいる高栄養な食物の摂取がよいと言われています。
しかし、「肝リピドーシス」の猫は食欲が無いために自ら食べることはしないでしょう。
ストレスを受けやすい猫の場合は、強制的に食べさせると食事に対する嫌悪感を感じるようになり拒食症に陥ることがあるため、鼻にチューブを入れて液状の食事を与えると言った方法が取られます。
あるいは、胃にカテーテルを設置し、直接カロリーの高い流動食を与えるといった方法が取られることもあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は猫にとって毒

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を猫が摂取すると、植物成分によって中毒症状を起こすことがあります。このことは、比較的最近発覚したということもあり、まだあまり広くしられていないようです。

破傷風(はしょうふう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

傷口の汚染から感染し発症する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「破傷風(はしょうふう)」について見ていきます。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

鼻咽頭(びいんとう)ポリープ、鼻における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

およそ2歳未満の子猫に発生する腫瘍性疾患についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻咽頭(びいんとう)ポリープ」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)、腫瘍随伴性筋炎(ずいはんせいきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の体の筋肉に起こる病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」「腫瘍随伴性筋炎(しゅようずいはんせいきんえん)」について見ていきます。