MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

 

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。

%e3%81%af%e3%81%a1%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%bf%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99
今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

Sponsored Link

肝リピドーシス

肝臓に脂肪が蓄積することで肝臓が腫れて、肝機能が低下する病気です。

「肝リピドーシス」の原因・症状

「肝リピドーシス」は、肝臓が腫れて、肝機能が低下し、肝臓内の胆汁が滞留することで黄疸が見られるようになります。
他の症状としては、元気消失、食欲減退、また下痢、便秘、嘔吐などの消化器症状や、体重減少、脱水症状、症状が悪化すると痙攣や意識障害、よだれを流すようになるといった肝性脳症が現れることもあります。
「肝リピドーシス」の原因としては、「胆管炎(たんかんえん)」や「胆管肝炎(たんかんかんえん)」などの病気や、急な食事の変化によって、猫が食べることができなくなってしまった時に発生します。
(※「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気」)
猫は食事をせずカロリーを摂取しなくなると、脂肪が肝臓へ急激に運ばれ、肝臓に脂肪が蓄積していきます。
食事による原因の他には、ストレスを感じることによって発生することもあると言われています。
また、「肝リピドーシス」になった猫の多くは肥満が原因の場合も多く、「肝リピドーシス」になることで食欲不振が起こり体重が減少していきます。
動物病院での診断は、血液検査によって、肝臓酵素、中性脂肪、コレステロールなどの上昇、黄疸を示した猫に関しては血中のビリルビン値の上昇などの確認によって行われることになるでしょう。
また神経症状がある場合には、血液検査を行うことで高アンモニア血症が確認されることもあります。
またX腺検査や超音波検査によって肝臓の腫れを確認することになるでしょう。
病理組織検査で幹細胞に蓄積されている脂肪の状態を顕微鏡で評価したり、肝臓組織のいち部を細菌培養したりといった検査も行われることになるかもしれません。
治療としては、食事療法が最も有効な治療であり、タンパク質を多く含んでいる高栄養な食物の摂取がよいと言われています。
しかし、「肝リピドーシス」の猫は食欲が無いために自ら食べることはしないでしょう。
ストレスを受けやすい猫の場合は、強制的に食べさせると食事に対する嫌悪感を感じるようになり拒食症に陥ることがあるため、鼻にチューブを入れて液状の食事を与えると言った方法が取られます。
あるいは、胃にカテーテルを設置し、直接カロリーの高い流動食を与えるといった方法が取られることもあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)

部屋に飾っている花や観葉植物の中に、特に球根や種を猫が口にすると危険な植物があります。 猫が口にしてしまうと非常に危険な植物がたくさんあります。 今回は、危険な植物の中でも、球根や種を猫が食べてしまうと危険な植物について見ていきます。 なお …

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺動脈の一部が細くなってしまい、血液が流れづらくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫を飼っている場合は、オス特有の病気にも注意が必要です。今回は、オス猫の病気、「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)」「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について見ていきます。

胸腺腫(きょうせんしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

老齢の猫に発生する悪性腫瘍があります。 今回は、猫における腫瘍性疾患、「胸腺腫(きょうせんしゅ)」について見ていきます。

心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の発達異常による病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう)」について見ていきます。

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。

皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

若齢から老齢まで幅広い年齢層で発生する腫瘍性疾患です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)」について見ていきます。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)、子宮炎(しきゅうえん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫と暮らしている飼い主は、メス猫特有の病気を気にして観察しましょう。今回は、メス猫の病気、「子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)」、「子宮炎(しきゅうえん)」について見ていきます。