MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

 

猫の肝胆道系において一般的な炎症性疾患があります。

%e8%8d%89%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%8c%ab%e3%81%ae%e8%83%8c%e4%b8%ad
今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)

「胆管(たんかん)」は、肝臓や胆嚢(たんのう)、十二指腸の間にあるパイプ状の気管です。

「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」の原因・症状

「胆管(たんかん)」は、肝臓で作られ脂肪の消化吸収に重要な役割を果たしている「胆汁(たんじゅう)」を通すためのパイプ状の気管です。
「胆管(たんかん)」というのはパイプ状の構造物の総称で、「総肝管」や「胆嚢管」、「総胆管」などが含まれます。
「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」は、肝胆道系において一般的に発生する慢性炎症性疾患で、炎症のタイプによって「化膿性」と「非化膿性」に分けられます。
「胆管(たんかん)」における炎症は「胆管炎(たんかんえん)」で、胆管周囲の幹細胞にまで波及している炎症を「胆管肝炎(たんかんかんえん)」と呼ばれています。
「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」の初期段階では、症状は殆ど無い場合が多く、病状が悪化するにつれて食欲不振、嘔吐、下痢などの消化器症状が表れ、やがて黄疸が認められるようになるといいます。
動物病院での診断は、血液検査やX腺検査、超音波検査、細胞を塊状に採取して検査する肝組織生検、肝臓組織の細菌培養による検査などによって行われることになるでしょう。
治療としては薬の投与による内科治療が行われ、「化膿性胆管炎」か「非化膿性胆管炎」かによって処方される薬剤が選択されます。
また、食欲不振の症状がある猫に対しては、栄養状態の悪化から脂質代謝異常が発生し、肝臓に脂肪がたまった状態になる「肝リピドーシス」を併発するおそれがあるため、チューブの挿入などによる栄養管理が必要になります。

 

「化膿性胆管炎(かのうせいたんかんえん)」

「化膿性胆管炎(かのうせいたんかんえん)」は「好中球性胆管炎」とも呼ばれており、腸における細菌が胆管を通って肝内の胆管に感染することで発症すると言われています。
治療としては抗生剤の投与が主体となり、肝組織生検で断定された菌に対する抗生剤が選択されることになるでしょう。

 

「非化膿性胆管炎(ひかのうせいたんかんえん)」

「非化膿性胆管炎(ひかのうせいたんかんえん)」は「リンパ球性胆管炎」とも呼ばれており、慢性的な免疫異常や自己免疫疾患が原因ではないかと言われておりますが、明確な原因の特定はまだされていないと言われています。
治療としては、炎症を抑えるためのステロイド剤の投与などが行われることになりますが、ステロイド剤を長期間投与し続けると、糖尿病などの合併症が発症する危険があるため、身体検査や血液検査によって状態をモニターしながら投与することになります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

蕎麦
猫が蕎麦を食べると蕎麦アレルギーを起こす危険が!

ネコに「蕎麦」を食べさせることでの危険性は「蕎麦アレルギー」反応が出るかもしれないというリスクにあります。「蕎麦アレルギー」を含めた食物アレルギー反応が出やすいのは、子猫に多く見られますので、幼猫と暮らしている飼い主は特に注意が必要です。

[止血凝固異常]血友病(けつゆうびょう)、フォン・ヴィレブランド病 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

遺伝性疾患による、血液凝固機構の異常=「止血凝固異常」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「血友病(けつゆうびょう)」「フォンヴィレブランド病」について見ていきます。

急性胃炎(きゅうせいいえん)、慢性胃炎(まんせいいえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の損傷により発生する病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性胃炎(きゅうせいいえん)」「慢性胃炎(まんせいいえん)」について見ていきます。

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々ですので、原因を特定し適切な治療が必要になります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

乳腺炎(にゅうせんえん)、乳癌(にゅうがん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の胸部における病気があります。今回は、メス猫の病気、「乳腺炎(にゅうせんえん)」、「乳癌(にゅうがん)」について見ていきます。

ロタウイルス性腸炎、レオウイルス感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫を含む哺乳類の動物に感染する恐れのあるウイルス感染症についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ロタウイルス性腸炎」、「レオウイルス感染症」について見ていきます。

血尿症(けつにょうしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

尿の中に血液が混ざっている状態が「血尿症(けつにょうしょう)」です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「血尿症(けつにょうしょう)」について見ていきます。

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓の機能が著しく低下してしまった時に起こる症状があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」について見ていきます。