MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

猫の大腸における寄生虫による病気があります。

%e6%af%9b%e3%81%a4%e3%82%99%e3%81%8f%e3%82%8d%e3%81%84%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における消化器系の病気、「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)

大腸における代表的な寄生虫としては「トリコモナス」が挙げられます。

「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原因・症状

「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の代表的な原虫として「トリコモナス」があります。
「トリコモナス」は駆虫薬に対する抵抗力が高いと言われており、駆虫薬の投与によって一時的に症状が緩和するものの、薬の投与をやめたり、食事の内容を変更したり、あるいは猫がストレスを感じたりするとすぐに再発すると言われています。
「トリコモナス」の中でも数種類が確認されており、中でも「トリコモナス・フィータス(Trichomonas foetus)」という種の抵抗力が強く、問題視されています。
海外において「トリコモナス」に効果が高いとされる新薬が開発され有効性の評価が行われているという話しもあるようですが、日本においてはまだあまり普及していないようです。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原虫が猫に感染するのは、原虫に汚染された糞便から経口感染すると言われており、複数の猫が同じ環境で生活している場合や、動物保護施設、ペットホテルなどにおける感染リスクが高いと言われます。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」(「トリコモナス」)の症状としては、大腸性の下痢、脱水症状、血便、肛門付近の腫れなどがあります。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原虫は、消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう)の原虫である「ジアルジア」などと混同し易いため、動物病院では、猫の糞便の遺伝子検査などにより診断するということも行われています。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原虫は、完全に駆虫することが難しく、治療としては、下痢が頻繁に発生することによる脱水症状に対しての輸液など、症状を軽減することを目的とした対症療法が行われることになるでしょう。
また、駆虫薬の投与も行われますが、完全に駆虫することは難しく、また効果も安定せず副作用が出る場合もあると言われています。
その為、対症療法と組み合わせて臨床症状をコントロールすることが大切になります。
また、原虫に汚染されている糞便が感染を広める原因となるため、トイレを清潔に保ったり、複数の猫が同じ環境で暮らしている場合はトイレの数を増やして分けるなど、衛生管理も大切になります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ネフローゼ症候群 : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓疾患群の総称を「ネフローゼ症候群」と呼びます。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「ネフローゼ症候群」について見ていきます。

蕎麦
猫が蕎麦を食べると蕎麦アレルギーを起こす危険が!

ネコに「蕎麦」を食べさせることでの危険性は「蕎麦アレルギー」反応が出るかもしれないというリスクにあります。「蕎麦アレルギー」を含めた食物アレルギー反応が出やすいのは、子猫に多く見られますので、幼猫と暮らしている飼い主は特に注意が必要です。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

スタッドテイル、クリプトコッカス症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

細菌感染や真菌への感染が原因で起こる皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚疾患、「スタッドテイル」「クリプトコッカス症」について見ていきます。

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天性の病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」について見ていきます。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫の心臓病の中でも多い傾向にあるのが「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」です。今回は、猫における循環器疾患、「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」について見ていきます。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における異常についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

カンピロバクター感染症(カンピロバクター性腸炎) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

他の動物から感染する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「カンピロバクター感染症」(カンピロバクター性腸炎)について見ていきます。

腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

2つの腎臓は体内の水分量を適切に保ち血液の不純物をろ過するための大事な器官です。今回は、猫における消化器系の病気、「腎不全(じんふぜん)」、「尿失禁(にょうしっきん)」について見ていきます。