MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

猫の大腸における寄生虫による病気があります。

%e6%af%9b%e3%81%a4%e3%82%99%e3%81%8f%e3%82%8d%e3%81%84%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における消化器系の病気、「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)

大腸における代表的な寄生虫としては「トリコモナス」が挙げられます。

「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原因・症状

「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の代表的な原虫として「トリコモナス」があります。
「トリコモナス」は駆虫薬に対する抵抗力が高いと言われており、駆虫薬の投与によって一時的に症状が緩和するものの、薬の投与をやめたり、食事の内容を変更したり、あるいは猫がストレスを感じたりするとすぐに再発すると言われています。
「トリコモナス」の中でも数種類が確認されており、中でも「トリコモナス・フィータス(Trichomonas foetus)」という種の抵抗力が強く、問題視されています。
海外において「トリコモナス」に効果が高いとされる新薬が開発され有効性の評価が行われているという話しもあるようですが、日本においてはまだあまり普及していないようです。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原虫が猫に感染するのは、原虫に汚染された糞便から経口感染すると言われており、複数の猫が同じ環境で生活している場合や、動物保護施設、ペットホテルなどにおける感染リスクが高いと言われます。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」(「トリコモナス」)の症状としては、大腸性の下痢、脱水症状、血便、肛門付近の腫れなどがあります。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原虫は、消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう)の原虫である「ジアルジア」などと混同し易いため、動物病院では、猫の糞便の遺伝子検査などにより診断するということも行われています。
「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」の原虫は、完全に駆虫することが難しく、治療としては、下痢が頻繁に発生することによる脱水症状に対しての輸液など、症状を軽減することを目的とした対症療法が行われることになるでしょう。
また、駆虫薬の投与も行われますが、完全に駆虫することは難しく、また効果も安定せず副作用が出る場合もあると言われています。
その為、対症療法と組み合わせて臨床症状をコントロールすることが大切になります。
また、原虫に汚染されている糞便が感染を広める原因となるため、トイレを清潔に保ったり、複数の猫が同じ環境で暮らしている場合はトイレの数を増やして分けるなど、衛生管理も大切になります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

2つの腎臓は体内の水分量を適切に保ち血液の不純物をろ過するための大事な器官です。今回は、猫における消化器系の病気、「腎不全(じんふぜん)」、「尿失禁(にょうしっきん)」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

抗原と免疫抗体の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)、子宮炎(しきゅうえん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫と暮らしている飼い主は、メス猫特有の病気を気にして観察しましょう。今回は、メス猫の病気、「子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)」、「子宮炎(しきゅうえん)」について見ていきます。

[骨肉腫(こつにくしゅ)]四肢骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫」の中でも最も一般的に知られている病気は「癌」(悪性腫瘍)です。今回は、猫における腫瘍性疾患「骨肉腫」のうち、「四肢骨格における骨肉腫」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(急性骨髄性白血病、リンパ芽球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

猫における「白血病」にも種類があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「急性骨髄性白血病」、「リンパ芽球性白血病」について見ていきます。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。