MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

胃内異物(いないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

誤飲、誤食による異常についてです。

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%81%a6%e3%82%99%e6%8c%af%e3%82%8a%e5%90%91%e3%81%8f%e7%8c%ab
今回は、猫における消化器系の異常、「胃内異物(いないいぶつ)」について見ていきます。

Sponsored Link

胃内異物(いないいぶつ)

「胃内異物(いないいぶつ)」には、桃など果物の種、ゴム手袋、ボール、おもちゃなどの誤食が考えられます。

「胃内異物(いないいぶつ)」の原因・症状

猫の誤食には十分注意する必要があります。
「胃内異物(いないいぶつ)」の原因としては、桃など果物の種、ゴム手袋、ボール、おもちゃ、靴下、タオルなどさまざまなものの誤食が考えられます。
猫は、あまり大きな異物を飲み込むことは通常はありませんが、おもちゃなどに付随するプラスチック部品などは飲み込みやすいものの一つです。
また、紐状の異物を飲み込んでしまうと、舌に絡まり、食道を通過して、胃や小腸までつながってしまっていると言ったことも発生する可能性があります。
この場合は、紐を無理やり引っ張ってしまうと内臓を引き裂いてしまう可能性があるため非常に危険です。
「胃内異物(いないいぶつ)」の場合、嘔吐、食欲不振などが起こることもありますが、無症状の場合もあります。
動物病院では、異物を飲み込んでしまった可能性がある場合、単純X線検査、造影検査で診断することもありますが、異物を飲み込んだ可能性が高い場合は内視鏡検査をすることで診断に加えて摘出もかねて実施する場合もあるようです。
しかし、内視鏡によって同時に摘出する場合、異物の大きさには限界があり、球状であればおよそ直径3cm以下までとなります。
それ以上の大きさである場合は外科手術によって胃の切開が必要になるでしょう。
また、紐状の異物を飲み込んでしまっている場合も外科手術によって異物を摘出する必要が出て来るでしょう。
大きさがさほどではなく、また尖ったり角ばった構造ではない異物の場合、薬剤の投与によって嘔吐を引き起こし、吐き出させるということを試みる場合もあるようですが、胃粘膜を傷つける可能性も考えられるため、リスクも考慮し判断する必要があります。

(※「食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの」)
(※「猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)」)

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)、鼻腔内・鼻咽頭ポリープ : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

鼻道や鼻腔内、鼻咽頭における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」、「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」について見ていきます。

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。

ネフローゼ症候群 : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓疾患群の総称を「ネフローゼ症候群」と呼びます。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「ネフローゼ症候群」について見ていきます。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

ムコ多糖症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ライソゾーム蓄積病の一種の、骨関節弛緩についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「ムコ多糖症」について見ていきます。

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。