MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

胃内異物(いないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

誤飲、誤食による異常についてです。

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%81%a6%e3%82%99%e6%8c%af%e3%82%8a%e5%90%91%e3%81%8f%e7%8c%ab
今回は、猫における消化器系の異常、「胃内異物(いないいぶつ)」について見ていきます。

Sponsored Link

胃内異物(いないいぶつ)

「胃内異物(いないいぶつ)」には、桃など果物の種、ゴム手袋、ボール、おもちゃなどの誤食が考えられます。

「胃内異物(いないいぶつ)」の原因・症状

猫の誤食には十分注意する必要があります。
「胃内異物(いないいぶつ)」の原因としては、桃など果物の種、ゴム手袋、ボール、おもちゃ、靴下、タオルなどさまざまなものの誤食が考えられます。
猫は、あまり大きな異物を飲み込むことは通常はありませんが、おもちゃなどに付随するプラスチック部品などは飲み込みやすいものの一つです。
また、紐状の異物を飲み込んでしまうと、舌に絡まり、食道を通過して、胃や小腸までつながってしまっていると言ったことも発生する可能性があります。
この場合は、紐を無理やり引っ張ってしまうと内臓を引き裂いてしまう可能性があるため非常に危険です。
「胃内異物(いないいぶつ)」の場合、嘔吐、食欲不振などが起こることもありますが、無症状の場合もあります。
動物病院では、異物を飲み込んでしまった可能性がある場合、単純X線検査、造影検査で診断することもありますが、異物を飲み込んだ可能性が高い場合は内視鏡検査をすることで診断に加えて摘出もかねて実施する場合もあるようです。
しかし、内視鏡によって同時に摘出する場合、異物の大きさには限界があり、球状であればおよそ直径3cm以下までとなります。
それ以上の大きさである場合は外科手術によって胃の切開が必要になるでしょう。
また、紐状の異物を飲み込んでしまっている場合も外科手術によって異物を摘出する必要が出て来るでしょう。
大きさがさほどではなく、また尖ったり角ばった構造ではない異物の場合、薬剤の投与によって嘔吐を引き起こし、吐き出させるということを試みる場合もあるようですが、胃粘膜を傷つける可能性も考えられるため、リスクも考慮し判断する必要があります。

(※「食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの」)
(※「猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)」)

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。

消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

消化管内における寄生虫感染は、現在もまだ存在しています。今回は、猫における消化器系の病気、「消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう)」について見ていきます。

上皮小体(じょうひしょうたい)(副甲状腺)における腫瘍、膵臓(すいぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「上皮小体(じょうひしょうたい)」の腫瘍は、猫においては稀なケースではあるようです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「上皮小体(じょうひしょうたい)における腫瘍」「膵臓(すいぞう)における腫瘍」について見ていきます。

野兎病(やとびょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

もともとは野うさぎやリス、ネズミなどの病気でしたが猫に対しても病原性のある病気があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「野兎病(やとびょう)」について見ていきます。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。

膵炎(すいえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

これまで生前の診断が難しかった病気があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「膵炎(すいえん)」について見ていきます。

肝外胆管閉塞(かんがいたんかんへいそく) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝臓から腸を結んでいる「胆管(たんかん)」(肝外胆管)が閉塞する異常があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。

鼓腸(こちょう)、下痢 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

「鼓腸(こちょう)」や「下痢(げり)」は消化管における病気の徴候の可能性もあります。今回は、猫における消化器系の異常、「鼓腸(こちょう)」、「下痢(げり)」について見ていきます。

口における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

口に発生する腫瘍の場合、「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」の可能性が高いです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「口における腫瘍」について見ていきます。