MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

急性胃炎(きゅうせいいえん)、慢性胃炎(まんせいいえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

胃粘膜の損傷により発生する病気があります。

%e3%81%bf%e3%81%91%e3%81%ad%e3%81%93
今回は、猫における消化器系の病気、「急性胃炎(きゅうせいいえん)」「慢性胃炎(まんせいいえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

急性胃炎(きゅうせいいえん)

何かしらの原因により胃粘膜が損傷することで「急性胃炎(きゅうせいいえん)」は発生します。

「急性胃炎(きゅうせいいえん)」の原因・症状

「急性胃炎(きゅうせいいえん)」は、ウイルス、細菌、寄生虫などへの感染や、異物、不適切な食事、薬物の摂取により急激な症状が現れる病気です。
症状としては、嘔吐、下痢、食欲不振などがあります。
嘔吐の頻度によっては、発熱、脱水症状なども引き起こします。
猫に異常が認められたら、速やかに動物病院で診てもらうことが大切です。
治療としては、基本的には消化吸収の良い食事を与えるなど適切な食事療法が必要となりますが、嘔吐が激しい場合は絶食を行う必要があります。
また内科治療として、胃酸の分泌を抑制するための薬や粘膜保護剤、制吐剤、輸液療法などが行われます。

慢性胃炎(まんせいいえん)

「慢性胃炎(まんせいいえん)」は、胃粘膜の炎症が持続して持続的に症状が発生する病気です。

「慢性胃炎(まんせいいえん)」の原因・症状

「慢性胃炎(まんせいいえん)」の場合、食事療法や制吐剤の投与でも嘔吐などの症状が改善しづらい状態になります。
慢性的に嘔吐がある場合、胃の病気だけではなく、腎臓や肝臓、膵臓などの病気も疑われます。
動物病院での診断は、内視鏡検査による胃や十二指腸の状態の確認、あるいはウイルスや細菌、寄生虫感染がないか検査を行うことで行われることになるでしょう。
「慢性胃炎(まんせいいえん)」である場合、腸炎も併発している可能性が高いと言われています。
腸炎も発生している場合は、ステロイド剤などが必要になることもあります。
また嘔吐の症例では、ヘリコバクター感染による場合も多く見られるため、適切な治療を行うためにも原因の特定が大切になります。
ヘリコバクター感染症である場合は、複数の抗生物質の投与や、胃酸分泌を抑制する薬の投与などにより除菌が試みられるでしょう。
(※「ヘリコバクター感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症」)
「慢性胃炎(まんせいいえん)」は、実は原因が肥満細胞腫などの腫瘍性疾患で、それによって分泌された胃酸分泌亢進によって二次的に発生しているということも考えられるため、注意が必要となります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

脱毛症、食物アレルギー : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

猫が感じるストレスや、ノミ、ダニの寄生が原因となる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「脱毛症」「食物アレルギー」について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。

皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

若齢から老齢まで幅広い年齢層で発生する腫瘍性疾患です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)」について見ていきます。

脳腫瘍(のうしゅよう)、脳血管障害(のうけっかんしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脳における病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脳腫瘍(のうしゅよう)」「脳血管障害(のうけっかんしょうがい)」について見ていきます。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

鼻咽頭(びいんとう)ポリープ、鼻における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

およそ2歳未満の子猫に発生する腫瘍性疾患についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻咽頭(びいんとう)ポリープ」について見ていきます。

脾臓(ひぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脾臓(ひぞう)における腫瘍では「肥満細胞腫」「リンパ腫」の発生リスクが高い傾向にあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「脾臓(ひぞう)における腫瘍」について見ていきます。