MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

食道狭窄(しょくどうきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

食道の一部が狭くなってしまい、食べたものが食道を通過できなくなってしまうことがあります。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%83%81%e3%82%a2%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における消化器系の異常、「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」について見ていきます。

Sponsored Link

食道狭窄(しょくどうきょうさく)

「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」は、先天性の場合と後天性の場合があります。

「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」の原因・症状

「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」は、先天的に奇形だったことによって血管の異常があり食道が狭くなってしまう血管輪異常と、後天的に「食道炎」が悪化することによって炎症箇所が瘢痕形成(はんこんけいせい)することで食道が狭くなってしまう場合があります。
(※「食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
生まれつきの異常である場合は、ミルクを飲んでいる時期から離乳食を与え始める頃に食べ物を吐出してしまうことで発覚することが多いようです。
また後天的に「食道炎」などから炎症が瘢痕化して起こった「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」の場合は、胃液の逆流や、異物によって発生した「食道炎」、あるいは抗生物質などによる「食道炎」が悪化して起こる場合があります。
「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」の症状としては、吐出、よだれなどがあり、食欲はあっても食べた後に吐き出してしまいます。
このような症状が見られた場合は、速やかに動物病院で診てもらうことが必要です。
動物病院での診断は、造影X線検査や内視鏡検査によって行われることになるでしょう。
先天的な血管輪の異常による「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」の場合、狭窄している場所の周りに血管の拍動が見られる、食道内腔が血管にそってねじれて見えるといったことが確認されるでしょう。
また、後天的に発生した瘢痕形成によって発生した「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」の場合は、食道の一部分が狭窄していることが確認されるでしょう。
「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」の治療としては、外科的な処置が行われることになるでしょう。
先天的な血管輪の異常である場合は、締め付けられている部分を切除する手術が行われます。
動脈を傷つけてしまう危険を伴う手術ですので、リスクも伴うことになるでしょう。
また、後天的な理由による「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」の場合は、内視鏡を使用しながらカテーテルを挿入し、狭窄部位でバルーンをふくらませるバルーンダイレーターによる処置などが行われることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ホルネル症候群、顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の顔や表情、目、口、鼻、耳に異常が現れる病気があります。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「ホルネル症候群」「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」について見ていきます。

脱毛症、食物アレルギー : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

猫が感じるストレスや、ノミ、ダニの寄生が原因となる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「脱毛症」「食物アレルギー」について見ていきます。

門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

「シャント」と呼ばれる異常な血管による病気についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]アクチノミセス症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「アクチノミセス症」について見ていきます。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

レプトスピラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人獣共通感染症であり、家畜伝染病予防法で届出伝染病に含まれる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「レプトスピラ症」について見ていきます。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。