MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

誤飲、誤食による異常についてです。

%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b2%e3%82%99%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%ad%90%e7%8c%ab
今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

Sponsored Link

食道内異物(しょくどうないいぶつ)

「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」には、骨やジャーキー、ボール、釣り針、ガムなどの誤食が考えられます。

「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の原因・症状

猫の誤食には十分注意する必要があります。
骨やジャーキー、ボール、釣り針、ガムなどに加え、紐状の異物にも注意が必要です。
糸や紐などが舌の下側でループ状に引っかかってしまった場合、食道や胃、小腸へ連続性のトラブルを引き起こすこともあります。
縫い針を飲み込んでしまうことで食道や胃に針が刺さってしまうことも考えられます。
釣り針を飲み込んでしまった場合は、咽頭部付近に刺さって引っかかることが多く、また他さまざまな異物は、胸郭の入り口付近や心臓、胃の入り口である噴門部などでとどまることが多いと言われています。
飼い主は十分に誤食には気をつけるようにする必要がります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の症状としては、食べたものが食道を通らずに吐き出してしまう吐出や、よだれ、食欲不振、元気消失などが挙げられます。
異物が食道の粘膜面に食い込んでいる場合は、粘膜の損傷によって「食道穿孔(しょくどうせんこう)」を引き起こす危険もあります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」は早期発見、早期診断が大切で、早い段階で治療をしないと死に至る場合もあります。
動物病院にて「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」が疑われる場合は、X線検査や造影X線検査などを行うことで原因特定を行う場合があります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」が確認された場合、内視鏡検査による状態の観察、及び異物の摘出が行われることになります。
異物の大きさが大きい場合、食道切開術よりも安全な方法を取るため、一度胃の中まで異物を落とし、外科手術によって胃切開が行われる場合もあります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の摘出が成功した後は、異物があった場所における粘膜面の損傷がないか、また粘膜面に炎症が起こっていないか確認が必要です。
あるいは異物摘出後に穿孔が起きていないことの確認も重要です。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の摘出後は、粘膜面を保護するための薬の投与も必要になるでしょう。
(※「猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの」)
(※「猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)」)

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

軟骨肉腫(なんこつにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫(こつにくしゅ)」に次いで発生率が高い骨腫瘍についてです。今回は、猫における骨の腫瘍、「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

唾液腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「シャム」に多く発症するということが言われている病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「唾液腺における腫瘍」について見ていきます。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

慢性腸炎(まんせいちょうえん)(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD)) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫において多く発生する小腸の病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性腸炎(まんせいちょうえん)」(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD))について見ていきます。

乳腺炎(にゅうせんえん)、乳癌(にゅうがん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の胸部における病気があります。今回は、メス猫の病気、「乳腺炎(にゅうせんえん)」、「乳癌(にゅうがん)」について見ていきます。

腎臓における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

腎臓における腫瘍が発見された時は重篤な場合が多く、そのほとんどは悪性腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「腎臓における腫瘍」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々ですので、原因を特定し適切な治療が必要になります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。