MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

誤飲、誤食による異常についてです。

%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b2%e3%82%99%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%ad%90%e7%8c%ab
今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

Sponsored Link

食道内異物(しょくどうないいぶつ)

「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」には、骨やジャーキー、ボール、釣り針、ガムなどの誤食が考えられます。

「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の原因・症状

猫の誤食には十分注意する必要があります。
骨やジャーキー、ボール、釣り針、ガムなどに加え、紐状の異物にも注意が必要です。
糸や紐などが舌の下側でループ状に引っかかってしまった場合、食道や胃、小腸へ連続性のトラブルを引き起こすこともあります。
縫い針を飲み込んでしまうことで食道や胃に針が刺さってしまうことも考えられます。
釣り針を飲み込んでしまった場合は、咽頭部付近に刺さって引っかかることが多く、また他さまざまな異物は、胸郭の入り口付近や心臓、胃の入り口である噴門部などでとどまることが多いと言われています。
飼い主は十分に誤食には気をつけるようにする必要がります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の症状としては、食べたものが食道を通らずに吐き出してしまう吐出や、よだれ、食欲不振、元気消失などが挙げられます。
異物が食道の粘膜面に食い込んでいる場合は、粘膜の損傷によって「食道穿孔(しょくどうせんこう)」を引き起こす危険もあります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」は早期発見、早期診断が大切で、早い段階で治療をしないと死に至る場合もあります。
動物病院にて「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」が疑われる場合は、X線検査や造影X線検査などを行うことで原因特定を行う場合があります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」が確認された場合、内視鏡検査による状態の観察、及び異物の摘出が行われることになります。
異物の大きさが大きい場合、食道切開術よりも安全な方法を取るため、一度胃の中まで異物を落とし、外科手術によって胃切開が行われる場合もあります。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の摘出が成功した後は、異物があった場所における粘膜面の損傷がないか、また粘膜面に炎症が起こっていないか確認が必要です。
あるいは異物摘出後に穿孔が起きていないことの確認も重要です。
「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」の摘出後は、粘膜面を保護するための薬の投与も必要になるでしょう。
(※「猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの」)
(※「猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)」)
(※「猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)」)

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

膀胱に発生する腫瘍の多くは悪性腫瘍です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」について見ていきます。

大腸菌症(だいちょうきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

宿主以外の体に入り込むことで発症する病原菌があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「大腸菌症(だいちょうきんしょう)」について見ていきます。

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺動脈の一部が細くなってしまい、血液が流れづらくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

ボルデテラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫に感染すると重症化する可能性の高い細菌性・ウイルス性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ボルデテラ症」について見ていきます。

白内障、緑内障 : 飼い主が知っておきたい目の病気

人間と同様に、特に年齢を重ねるとかかりやすい目の病気があります。あるいは目の外傷や他の病気との併発によって起こる病気もあります。今回は、猫における目の病気、「白内障」「緑内障」についてです。

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は猫にとって毒

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を猫が摂取すると、植物成分によって中毒症状を起こすことがあります。このことは、比較的最近発覚したということもあり、まだあまり広くしられていないようです。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。