MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

エプリス(エプーリス)、口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

 

歯茎にできる良性の腫瘍があります。

%e6%b1%9f%e3%83%8e%e5%b3%b6%e7%8c%ab%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%a1%94
今回は、猫における猫における口の異常、「エプリス(エプーリス)」「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」について見ていきます。

Sponsored Link

エプリス(エプーリス)

「エプリス(エプーリス)」は、臨床的には歯茎にできる良性の腫瘍として対処されますが、腫瘍ではないとする意見もあるようです。

「エプリス(エプーリス)」の原因・症状

「エプリス(エプーリス)」になると歯茎にしこりができて、患部を見ると盛り上がっているように見えます。
「エプリス(エプーリス)」は臨床的には良性腫瘍に分類されており、さらに「線維性エプリス」「骨性エプリス」「棘細胞性(きょくさいぼうせい)エプリス」の3つの種類に分けられます。
症状としては、通常は痛みは無いと言われていますが、しこりが大きくなればなるほど摂食に障害が起こり、よだれ、出血、口臭、歯垢、歯石の蓄積による口腔内における異常の発生などがあります。
動物病院での診断は、腫瘍を塊状に採取し検査する組織生検によって行われることになるでしょう。
「エプリス(エプーリス)」は良性腫瘍ではありますが、徐々に大きくなっていくため、外科手術による切除が治療として必要になります。
特に「棘細胞性(きょくさいぼうせい)エプリス」の場合は、腫瘍細胞が周囲に浸潤するため、再発防止のため顎の骨の切除も必要になることがあります。

口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)

口の中や、目や指にまでできる悪性の黒色の腫瘍が「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」です。

「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」の原因・症状

「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」は、悪性の黒い腫瘍で、「メラノーマ」とも呼ばれています。
腫瘍のほとんどの場合、黒い色ですが稀に黒くない場合もあるため、注意が必要です。
症状としては、舌や口の中の粘膜に腫瘍が発生し急激に大きくなり、口の中の腫れを気にするようになったり、よだれを大量に出したり、口臭などの症状が現れます。
動物病院での診断は、細胞を塊状に採取し検査する組織生検、またCT検査などによって行われるでしょう。
治療は外科手術による切除が第一の選択肢となるでしょう。
また「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」は悪性腫瘍で転移する確率が非常に高いため、手術後は抗癌剤治療が必要になるでしょう。
外科手術が困難な場合などには、放射線治療が行われることもあるようです。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

危険!猫に食べさせてはいけない果物

人間が食べて美味しいと感じる果物でも、猫にとっては毒になってしまうことがあります。猫の飼い主は、与えてはいけない果物について把握しておく必要があります。今回は、猫に与えてはいけない果物についてです。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

スタッドテイル、クリプトコッカス症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

細菌感染や真菌への感染が原因で起こる皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚疾患、「スタッドテイル」「クリプトコッカス症」について見ていきます。

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)、腫瘍随伴性筋炎(ずいはんせいきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の体の筋肉に起こる病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」「腫瘍随伴性筋炎(しゅようずいはんせいきんえん)」について見ていきます。

唾液腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「シャム」に多く発症するということが言われている病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「唾液腺における腫瘍」について見ていきます。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

皮膚リンパ肉腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫(悪性メラノーマ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に存在するリンパ球や肥満細胞、メラノサイトが腫瘍化する皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚リンパ肉腫」、「肥満細胞腫」、「悪性黒色腫」(悪性メラノーマ)について見ていきます。

肺高血圧症(はいこうけつあつしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺における血管の硬化などによって発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺高血圧症(はいこうけつあつしょう)」について見ていきます。