MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

 

虫歯のような症状や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。

%e4%bd%87%e3%82%80%e7%8c%ab
今回は、猫における猫における口の異常、「破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

Sponsored Link

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)

猫の「虫歯」は少ないのですが、一見「虫歯」のように思われる「歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)」という病気があります。

「破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)」の原因・症状

「破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)」は、歯の付け根部分に「吸収病巣(きゅうしゅうびょうそう)」というものができることで、歯が部分的にへこんだり、「虫歯)のように穴があいてしまう病気です。
「破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)」は「ネックリージョン」とも呼ばれ、4歳以上の猫のおよそ50%以上において発症するとも言われる、非常に発症率の高い病気です。
明確な原因はわかっておらず、猫の歯の組織にある「破歯細胞(はしさいぼう)」が歯をこわしてしまう病気です。
症状としては、状態によって変わりますが、歯に痛みを感じるようになります。
動物病院での診断は、歯科検診などによって行われることになりますが、歯科用CT検査などによって歯だけではなく顎の骨の状態の確認など
も必要になるでしょう。
治療は全身麻酔で行われ、状態が悪ければ歯を抜くことになりますが、初期段階であれば歯の穴の開いている部分を充填するといったことも可能なようです。

歯垢・歯石(しこう・しせき)

口の中の唾液に含まれている「カルシウム塩」が食べ物と一緒に葉に付着することで「歯垢・歯石」となります。

「歯垢・歯石(しこう・しせき)」の原因・症状

唾液内の「カルシウム塩」と食べ物が混ざって歯に付着した状態が「歯垢」です。
「歯垢」を取り除くこと無く時間が立ってしまうと、石灰化し「歯石」になります。
特に柔らかい食べ物などが歯に付着しやすく「歯垢・歯石(しこう・しせき)」の原因となることがあります。
症状としては、口臭が強くなる、歯肉炎が発生するなどが考えられます。
「歯垢」であれば、歯のお手入れをすれば簡単に除去することができまさうが、「歯石」になってしまった場合は動物病院で除去する必要が出てきます。
動物病院で「歯石」を除去する場合は、全身麻酔をかけた上で、歯根の炎症が発生している場合は同時に治療が行われることになるでしょう。
「歯垢・歯石(しこう・しせき)」の予防としては、硬いものを噛ませるようにすることや、普段から歯のお手入れをすることなどが有効です。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における異常についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

フライドチキン
大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

野兎病(やとびょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

もともとは野うさぎやリス、ネズミなどの病気でしたが猫に対しても病原性のある病気があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「野兎病(やとびょう)」について見ていきます。

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから、「膿皮症」や「脂漏症」など皮膚病になり、猫は皮膚に炎症が起こり痛みを感じます。今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。

鼻咽頭(びいんとう)ポリープ、鼻における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

およそ2歳未満の子猫に発生する腫瘍性疾患についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻咽頭(びいんとう)ポリープ」について見ていきます。

ニキビダニ症、円形脱毛、心因性脱毛 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

飼い主が気づきにくい猫の異変もあるため、ブラッシング時など普段から注意深く観察することも大切です。今回は、猫における皮膚病、「ニキビダニ症」「円形脱毛」「心因性脱毛」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。