MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

胸水(きょうすい) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

 

体内において肺が位置している空間「胸腔内」に水が溜まってしまう病気があります。

%e5%b1%85%e7%9c%a0%e3%82%8a%e7%8c%ab
今回は、猫における呼吸器疾患、「胸水(きょうすい)」について見ていきます。

Sponsored Link

胸水(きょうすい)

「胸水(きょうすい)」になる原因はさまざまなことが考えられます。

「胸水(きょうすい)」の原因・症状

「胸水(きょうすい)」は、肺が位置している空間である「胸腔内」に水が溜まってしまうことで、肺が膨れることができなくなってしまう病気です。
肺が膨れないことによって呼吸がしずらくなり、呼吸数の増加、呼吸困難、舌や歯茎など皮膚粘膜が青紫色になるチアノーゼ、食欲不振、元気消失、咳などが起こります。
呼吸困難である場合、呼吸が苦しくなることにより、口を開いて呼吸するようになるといった症状が現れます。
「胸腔内」に水が溜まってしまう原因はさまざまで、心臓や血管系の病気、腫瘍、またはいや胸膜における細菌やウイルス感染、炎症などが考えられます。
交通事故や高所からの落下、猫同士の喧嘩などによる外傷から、細菌やウイルス感染し、それが原因となって「胸水(きょうすい)」になるといったことも考えられます。
初期段階であれば、内科治療によって抗生物質の投与や食事療法などを行うことで回復する場合もありますので、早期発見、早期治療が大切です。
猫に異常がおこったら速やかに動物病院で獣医師に診てもらうことが大切です。
動物病院での診断は、胸部X線検査による「胸腔内」の水のたまり具合を確認することで行われるでしょう。
治療方法は、その原因や状態によって変わってきますので、「胸腔内」に溜まっている水を抜き取って液体成分、細胞成分を解析することによって原因を区別することになります。
あるいは、液体成分、細胞成分の解析が困難な場合や、原因の区別ができなかった場合は、CT検査、胸腔鏡検査による細菌、ウイルス感染、腫瘍の有無確認、細胞を塊状に採取し検査する組織生検などを行うことになるかもしれません。
治療方法としては、「胸腔内」に溜まっている水を抜くために、注射針やチューブを挿入することが考えられます。
一度水を抜いても再び溜まってくるような状態であれば、チューブを体内に挿入したままにし、定期的に水を抜くことが必要になる場合もあります。
同時に、その原因が外傷であれば傷を治すための治療、感染症であれば感染症に対する治療など、原因に合わせた治療が行われることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍(せきずいしゅよう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脊椎疾患によって、猫が痛くて歩けなくなる病気があります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「椎間板ヘルニア」「脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)」について見ていきます。

嘔吐(おうと)、嚥下困難(えんげこんなん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

食事にまつわる病気、消化器系の病気についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「嘔吐(おうと)」「嚥下困難(えんげこんなん)」について見ていきます。

脳腫瘍(のうしゅよう)、脳血管障害(のうけっかんしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脳における病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脳腫瘍(のうしゅよう)」「脳血管障害(のうけっかんしょうがい)」について見ていきます。

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)、オスの三毛猫 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オスの猫と暮らしている場合は、オス猫に起こる異常を見逃さないようにしましょう。今回は肛門の周りにできる「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」、また病気ではありませんが非常にめずらしい「オスの三毛猫」についてです。

猫に「イカ」を食べさせると腰を抜かす

猫に食べさせてはいけないものの一つに「イカ」があります。「イカ(生)」を食べると猫は腰を抜かしてしまいます。なお「タコ」も同様に食べさせてはいけません。

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における寄生虫による病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」について見ていきます。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

フィラリア症(犬糸状虫症) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

数年間に渡って心臓、および心臓周辺の血管で繁殖を続ける感染病があります。今回は、猫における循環器疾患、「フィラリア症」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

盲腸や結腸、直腸などの大腸に見られる慢性的な腸炎があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん)」について見ていきます。