MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

肺水腫(はいすいしゅ)、肺線維症(はいせんいしょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

 

猫の肺における病気についてです。

%e7%a7%81%e5%be%85%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における呼吸器疾患、「肺水腫(はいすいしゅ)」、「肺線維症(はいせんいしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

肺水腫(はいすいしゅ)

「肺水腫(はいすいしゅ)」は、肺に水が溜まってしまうという病気です。

「肺水腫(はいすいしゅ)」の原因・症状

「肺水腫(はいすいしゅ)」の原因としては、心臓における病気が原因の場合、もしくは他の原因による場合があります。
原因となりうる心臓における病気としては、「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」や「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」、「僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう)」、「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」などが挙げられます。
(※「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」)
(※「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」)
(※「僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」)
(※「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」)
「肺水腫(はいすいしゅ)」の症状としては、鼻水や咳、呼吸困難などがあります。
動物病院での診断は、胸部X線検査による肺の状態の確認や血液検査によって行われることになるでしょう。
また、原因が心臓によるものなのかを特定するために、心臓病における検査も行われることがあります。
治療としては、肺に溜まっている水を排除するために「利尿薬」や肺毛細血管を拡張するための薬を投与することになるでしょう。
また、原因となっている病気に合わせた治療も同時に行われることになるでしょう。

肺線維症(はいせんいしょう)

「肺線維症(はいせんいしょう)」は、肺胞と肺毛細血管との間にある「間質(かんしつ)」が炎症を起こす病気です。

「肺線維症(はいせんいしょう)」の原因・症状

酸素を肺毛細血管に取り込むための「肺胞」という器官が「気管支」の先端にあります。
「間質(かんしつ)」は「肺胞」と「肺毛細血管」との間にある器官で、炎症を起こして線維化する病気が「肺線維症(はいせんいしょう)」です。
高齢の猫において発生し易い病気で、症状としては咳、呼吸困難、皮膚粘膜が青紫色になるチアノーゼなどが起こります。
動物病院での診断は、胸部X線検査や肺の細胞を採取して行う組織生検などによって行われることになるでしょう。
治療法としては、内科治療が中心となり、呼吸困難を起こしている場合は酸素療法が取られたり、炎症を抑えるためにステロイド剤を投与したりといった治療が行われることになります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

横隔膜ヘルニア、気胸(ききょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

横隔膜、胸腔における呼吸器疾患についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「横隔膜ヘルニア」、「気胸(ききょう)」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

膀胱に発生する腫瘍の多くは悪性腫瘍です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

若齢から老齢まで幅広い年齢層で発生する腫瘍性疾患です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)」について見ていきます。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。