MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)、鼻腔内・鼻咽頭ポリープ : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

 

鼻道や鼻腔内、鼻咽頭における病気についてです。

%e3%81%ae%e3%81%9d%e3%82%99%e3%81%8d%e7%8c%ab
今回は、猫における呼吸器疾患、「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」、「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」について見ていきます。

Sponsored Link

鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)

「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」は、鼻道内部に膜ができたりすることによって鼻道が狭くなってしまう病気です。

「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」の原因・症状

「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」は、鼻孔から鼻咽頭道にかけての鼻道内部に何かしらの原因により膜ができたり、あるいは粘膜が肥大することで鼻道が狭くなり、呼吸がしにくくなってしまうという症状のことです。
猫は呼吸しづらくなるため、口で呼吸するようになったり、呼吸時に笛音をならしたりいびき音をさせるようになります。
「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」の発生は、あらゆる年齢、性別、品種の猫において可能性のある病気です。
原因としては、先天性の鼻孔閉鎖、感染またはアレルギーによる炎症反応が考えられます。
感染症が原因となる場合は主に「ネコカリシウイルス感染症」「ヘルペスウイルス感染症」が考えられます。
(※「ネコカリシウイルス性関節症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患」)
(※「ヘルペスウイルス性皮膚炎、細菌性皮膚炎 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気」)
動物病院での診断は、鼻咽頭部を内視鏡などで検査することで行われます。
治療法としては、外科手術によって鼻咽頭部の膜を切除したり、内視鏡によって狭まった鼻道を広げるという方法もあるようです。

鼻腔内・鼻咽頭ポリープ

「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」は、鼻腔内、鼻咽頭において良性の腫瘍ができる病気です。

「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」の原因・症状

「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」は比較的若齢の猫において発生する病気で、明確な原因は特定されていないようですが、何かしらの炎症反応によって発生すると考えられています。
「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」になると、鼻息の音がよく聞こえるようになったり、鼻水、くしゃみ、鼻血などの症状が現れます。
ポリープが発達し状態が悪化すると、「ホルネル症候群」や「顔面神経麻痺」などの神経症状が現れることもあるようです。
(※「ホルネル症候群、顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患」)
動物病院での診断は、頭部X線検査や内視鏡などを使用した組織生検などによって行われます。
治療としては、外科手術によって鼻腔内および鼻咽頭におけるポリープを切除することになるでしょう。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

鼓腸(こちょう)、下痢 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

「鼓腸(こちょう)」や「下痢(げり)」は消化管における病気の徴候の可能性もあります。今回は、猫における消化器系の異常、「鼓腸(こちょう)」、「下痢(げり)」について見ていきます。

果物屋
猫も食べられる果物

猫に食べさせてはいけない果物やできればあまり食べさせたくない果物もありますが、全てがダメなわけではなく、猫の体にもよい果物もあります。ただし、果物は全般的に糖分が高いので、くれぐれも食べさせすぎは禁物です。

幽門狭窄(ゆうもんきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃の出口に当たる幽門部が肥大してしまい、十二指腸へ排出できなくなってしまう疾患があります。 今回は、猫における消化器系の病気、「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」について見ていきます。

胸水(きょうすい) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

体内において肺が位置する空間である胸腔内に水が溜まってしまう病気があります。今回は、猫における呼吸器疾患、「胸水(きょうすい)」について見ていきます。

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

皮膚リンパ肉腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫(悪性メラノーマ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に存在するリンパ球や肥満細胞、メラノサイトが腫瘍化する皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚リンパ肉腫」、「肥満細胞腫」、「悪性黒色腫」(悪性メラノーマ)について見ていきます。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

流涙症、第三眼瞼露出(瞬膜突出) : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫に異常はないかどうか普段から観察しておくことも飼い主の重要な役割だと思います。今回は、猫における目の病気、「流涙症」「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺動脈の一部が細くなってしまい、血液が流れづらくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」について見ていきます。