MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

高血圧症 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

全身の血圧が上昇している状態になる病気が「高血圧症」です。

%e5%a4%95%e7%84%bc%e3%81%91%e7%8c%ab
今回は、猫における循環器疾患、「高血圧症」について見ていきます。

Sponsored Link

高血圧症

「高血圧症」の場合、「網膜出血(もうまくしゅっけつ)」や「網膜剥離(もうまくはくり)」などによる失明を引き起こすこともあります。

「高血圧症」の原因・症状

「高血圧症」は、「一次性高血圧症」と「二次性高血圧症」に分けられますが、「本能性」とも呼ばれる「一次性」の「全身性高血圧症」はあまり一般的ではありません。
一方、「二次性高血圧」の「全身性高血圧症」のほうが猫における発症例が多いと言われています。
「二次性高血圧症」は、「腎不全」「副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)」「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」「糖尿病」などが原因となり発症します。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「癲癇(てんかん)、クッシング病(副腎皮質機能亢進症) : 飼い主が知っておきたい重い病気」)
(※「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
(※「糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
「全身性高血圧症」は、眼病変、慢性腎不全、心血管系病変などあらゆる臓器への障害を引き起こす可能性があります。
症状としては、原因となっている病気による症状に加え「網膜出血(もうまくしゅっけつ)」や「網膜剥離(もうまくはくり)」などによる失明を引き起こすこともあります。
動物病院での診断は、血圧の測定に加え、網膜検査により「高血圧性網膜症」について検査することになるでしょう。
「高血圧性網膜症」である場合、突然失明することもあります。
また、腎臓における検査や、心電図による不整脈の有無、胸部X線検査による心肥大、肺水腫の有無を確認します。
治療としては、二次性の場合は、まずは原因となっている疾患における治療をおこなうことにあるでしょう。
しかし、原因疾患の治療が困難である場合、また「一次性高血圧症」の場合には定期的に血圧測定を行いながら、投与する量を調整し、降圧薬を投与することになります。
治療薬としては、「アンジオテンシン阻害薬」「利尿薬」「β遮断薬」「カルシウム拮抗薬」などが処方されることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)、オスの三毛猫 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オスの猫と暮らしている場合は、オス猫に起こる異常を見逃さないようにしましょう。今回は肛門の周りにできる「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」、また病気ではありませんが非常にめずらしい「オスの三毛猫」についてです。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

バルトネラ症(猫ひっかき病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人間にも感染する恐れのある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「バルトネラ症」(猫ひっかき病)について見ていきます。

猫に「イカ」を食べさせると腰を抜かす

猫に食べさせてはいけないものの一つに「イカ」があります。「イカ(生)」を食べると猫は腰を抜かしてしまいます。なお「タコ」も同様に食べさせてはいけません。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

上皮小体(じょうひしょうたい)(副甲状腺)における腫瘍、膵臓(すいぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「上皮小体(じょうひしょうたい)」の腫瘍は、猫においては稀なケースではあるようです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「上皮小体(じょうひしょうたい)における腫瘍」「膵臓(すいぞう)における腫瘍」について見ていきます。

卵巣における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

メス猫特有の卵巣における腫瘍は、報告例としては少ない病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「卵巣における腫瘍」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。