MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

高血圧症 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

全身の血圧が上昇している状態になる病気が「高血圧症」です。

%e5%a4%95%e7%84%bc%e3%81%91%e7%8c%ab
今回は、猫における循環器疾患、「高血圧症」について見ていきます。

Sponsored Link

高血圧症

「高血圧症」の場合、「網膜出血(もうまくしゅっけつ)」や「網膜剥離(もうまくはくり)」などによる失明を引き起こすこともあります。

「高血圧症」の原因・症状

「高血圧症」は、「一次性高血圧症」と「二次性高血圧症」に分けられますが、「本能性」とも呼ばれる「一次性」の「全身性高血圧症」はあまり一般的ではありません。
一方、「二次性高血圧」の「全身性高血圧症」のほうが猫における発症例が多いと言われています。
「二次性高血圧症」は、「腎不全」「副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)」「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」「糖尿病」などが原因となり発症します。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「癲癇(てんかん)、クッシング病(副腎皮質機能亢進症) : 飼い主が知っておきたい重い病気」)
(※「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
(※「糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
「全身性高血圧症」は、眼病変、慢性腎不全、心血管系病変などあらゆる臓器への障害を引き起こす可能性があります。
症状としては、原因となっている病気による症状に加え「網膜出血(もうまくしゅっけつ)」や「網膜剥離(もうまくはくり)」などによる失明を引き起こすこともあります。
動物病院での診断は、血圧の測定に加え、網膜検査により「高血圧性網膜症」について検査することになるでしょう。
「高血圧性網膜症」である場合、突然失明することもあります。
また、腎臓における検査や、心電図による不整脈の有無、胸部X線検査による心肥大、肺水腫の有無を確認します。
治療としては、二次性の場合は、まずは原因となっている疾患における治療をおこなうことにあるでしょう。
しかし、原因疾患の治療が困難である場合、また「一次性高血圧症」の場合には定期的に血圧測定を行いながら、投与する量を調整し、降圧薬を投与することになります。
治療薬としては、「アンジオテンシン阻害薬」「利尿薬」「β遮断薬」「カルシウム拮抗薬」などが処方されることになるでしょう。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

水腎症(すいじんしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

お腹にしこりが感じ取られるようになって気づくことが多い病気です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「水腎症(すいじんしょう)」について見ていきます。

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

抗原と免疫抗体の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。

咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)、腫瘍随伴性筋炎(ずいはんせいきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の体の筋肉に起こる病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」「腫瘍随伴性筋炎(しゅようずいはんせいきんえん)」について見ていきます。

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)、卵巣遺残症(らんそういざんしょう) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

卵巣に関わる病気はメス猫にとってとても深刻な病です。今回は、メス猫に起こる病気、「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」「卵巣遺残症(らんそういざんしょう)」について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

ロタウイルス性腸炎、レオウイルス感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫を含む哺乳類の動物に感染する恐れのあるウイルス感染症についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ロタウイルス性腸炎」、「レオウイルス感染症」について見ていきます。

肝外胆管閉塞(かんがいたんかんへいそく) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝臓から腸を結んでいる「胆管(たんかん)」(肝外胆管)が閉塞する異常があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。