MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

肺動脈の一部が細くなってしまい、血液が流れづらくなってしまう病気があります。

%e5%ae%b6%e3%81%a6%e3%82%99%e5%af%9d%e3%82%8b%e7%8c%ab
今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)

心臓の右心室から肺へ血液を送るための血管が「肺動脈」です。

「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」の原因・症状

「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」は、肺動脈の入り口に存在している「肺動脈弁(はいどうみゃくべん)」を含めた肺動脈における一部が細くなってしまい、体内に酸素を送り込む上で非常に重要な血液の流れを阻害してしまうことによって発生する症状、病気です。
「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」の原因は、先天性の心疾患であると考えられております。
症状としては、無症状の場合も多く、あまり症状が見られない病気ではありますが、重症化すると体が疲れやすくなったり、呼吸が荒くなったり、失神、腹水、胸水貯留などが起こることがあります。
また、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」が原因となり突然死するケースもあるようです。
動物病院での診断は、初期段階では聴診などにより心疾患の疑いを発見することから始まり、心疾患が疑われる場合は追加で、胸部X線検査や心電図検査、超音波検査を行うことになるでしょう。
胸部X線検査では心臓の大きさに異常がないか状態を検査します。
心電図検査では不整脈の有無などを検査し、超音波検査では肺動脈弁の携帯に異常がないかを検査することになります。
また、心臓に「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」の他に疾患がないかも確認することになるでしょう。
「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」であると診断された場合は、狭窄部位を確認するために、心臓カテーテル検査を追加で実施する場合もあるようです。
治療としては、軽度である場合は症状に応じて薬を投与する内科治療が行われることになるでしょう。
しかし、内科治療では原因である狭窄に対する根本的な治療にはならないため、症状によっては直接的に狭窄部位を広げて血液の流れを良くするための外科治療が必要になることもあります。
ただし外科手術は血栓症などの発生リスクもあるため、病状と合わせて治療方針について獣医師に相談して決定することが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

脱毛症、食物アレルギー : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

猫が感じるストレスや、ノミ、ダニの寄生が原因となる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「脱毛症」「食物アレルギー」について見ていきます。

口内炎、歯肉炎、歯周炎 : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口におけるトラブルもよく発生することの一つですので、猫の口についても飼い主は普段からチェックしておきたい箇所です。今回は、猫における口の異常、「口内炎」「歯肉炎・歯周炎」について見ていきます。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

代謝性ミオパシー、ステロイドミオパシー、ラブラドールレトリバーミオパシー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患のことを総称して「ミオパシー」または「ミオパチー」といいます。今回は、猫の筋肉疾患、「代謝性ミオパシー」「ステロイドミオパシー」「ラブラドールレトリバーミオパシー」について見ていきます。

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は猫にとって毒

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を猫が摂取すると、植物成分によって中毒症状を起こすことがあります。このことは、比較的最近発覚したということもあり、まだあまり広くしられていないようです。

卵巣における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

メス猫特有の卵巣における腫瘍は、報告例としては少ない病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「卵巣における腫瘍」について見ていきます。

鼻におけるリンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

中齢から老齢の猫に発生しやすい咽頭部の腫瘍がリンパ腫です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻におけるリンパ腫」について見ていきます。

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

猫に「イカ」を食べさせると腰を抜かす

猫に食べさせてはいけないものの一つに「イカ」があります。「イカ(生)」を食べると猫は腰を抜かしてしまいます。なお「タコ」も同様に食べさせてはいけません。

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に腫瘍やかさぶた、びらん、しこりができる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」、「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」について見ていきます。