MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

「肺動脈」は、心臓の右心室から肺へ血液を送っている血管です。

%e4%b8%b8%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%a6%e7%9c%a0%e3%82%8b%e7%8c%ab
今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)

「肺動脈弁」は、心臓の右心室から肺へ送り込まれた血液が逆流しないようにするために存在する弁です。

「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」の原因・症状

「肺動脈」は心臓の右心室からはいえ血液を送るための血管で、体に酸素を送り込むという重要な役割を担っています。
「肺動脈弁」が正常に閉じずに隙間ができて血液が正常に流れない状態の疾患が「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」です。
「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」の原因としては、先天性心奇形などによる肺高血圧症との併発というのが多いとされており、「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」が単独で発症することは少ないようです。
心臓や肺における疾患と併発している場合、症状としては「肺高血圧症」の場合は呼吸困難や不整脈、腹水などの症状が現れますが、「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」のみの場合は症状が現れることはほどんどないようです。
「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」自体は、直接的には無症状の場合が多いため、発見しづらい病気ですが、他の疾患による症状が現れた場合は、すみやかに動物病院で診てもらうことが大切です。
動物病院での診断は、聴診などによって心疾患の疑いがないかを検査することから始まります。
心疾患が疑われる場合は、胸部X線検査や心電図検査、超音波検査などによって診断が行われることになるでしょう。
胸部X線検査では、心臓の大きさや肺の状態の確認、心電図検査では、不整脈の有無確認、超音波検査では、肺動脈弁周辺の状態の確認がされることになります。
治療としては、合併して発生している基礎疾患の治療も考慮した方法を取る必要があるでしょう。
「肺高血圧症」による「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」出会った場合は、肺の血管を広げる薬の投与などが行われることになります。
また右室流出路再建術、弁置換術など、外科手術による治療が必要になることもあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]ノカルジア症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「ノカルジア症」について見ていきます。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)、鼻腔内・鼻咽頭ポリープ : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

鼻道や鼻腔内、鼻咽頭における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」、「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。

危険!猫に食べさせてはいけない果物

人間が食べて美味しいと感じる果物でも、猫にとっては毒になってしまうことがあります。猫の飼い主は、与えてはいけない果物について把握しておく必要があります。今回は、猫に与えてはいけない果物についてです。

肺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

殆どが悪性の肺腺癌か気管支腺癌で、発生する確率も他の部位と比較しても高い病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「肺における腫瘍」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

遺伝子が関与している骨関節の遺伝病があります。今回は、猫の骨関節疾患、「骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう)」について見ていきます。

カンピロバクター感染症(カンピロバクター性腸炎) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

他の動物から感染する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「カンピロバクター感染症」(カンピロバクター性腸炎)について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。