MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。

%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%81%ab%e3%81%84%e3%82%8b%e7%8c%ab
今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)

「大動脈弁」は、全身の臓器へ送り込まれた血液が、左心室に戻らないように大動脈の入り口に存在する弁です。

「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」の原因・症状

「大動脈」は左心室から全身の臓器へ血液を送り込むための重要な役割を担っており、血液とともに酸素や、栄養分を体内へ送り込んでいます。
「大動脈弁」は、その血液が心臓の左心室へ戻らないようにするための弁です。
「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」は、この「大動脈弁」が正常に閉じずに隙間ができていまう病気です。
「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」の原因としては、先天性の異常や、高血圧症、微生物への感染などが考えられます。
症状としては、軽度であれば無症状であることもあります。
初期段階での症状としては、軽い運動で疲れやすくなったり、呼吸困難や皮膚や粘膜が青紫色になるチアノーゼなどが発生します。
症状が特徴的ではなく、無症状である場合もあるため発見が遅れる傾向にありますが、猫に異常を感じたらすぐに動物病院で診てもらうことが大切です。
動物病院での診断は、まずは聴診により心疾患である可能性を発見することから始まり、胸部X線検査や心電図検査、心臓の超音波検査や心臓カテーテル検査などによって、心臓の状態を検査することになるでしょう。
「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」の治療としては、症状が特に無く、心臓の肥大なども見られない場合は、血管拡張薬や利尿剤などの投与による内科治療を行うことで様子を見ることになるでしょう。
また、運動不耐性や呼吸困難を始めとした症状が現れたり、心臓の大きさに拡大が見られる場合などは、薬の投与による内科治療での健康状態の維持は難しくなる場合があります。
内科治療だけでの開腹が見込まれない場合は、外科手術による治療も選択肢の一つとして挙がってくるでしょう。
外科手術としては、弁形成術や弁置換術などを行うことになります。
外科手術を行うことは同時に、血栓症などの手術に伴うリスクも発生してくるため、獣医師と相談の上、実施の判断をすることが必要になります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

癌(がん)・リンパ腫、猫エイズ(FIV) : 飼い主が知っておきたい重い病気

かかると重い病気として「癌(がん)・リンパ腫」や「猫エイズ」という病気があります。今回は、これら猫における重い病気、「癌(がん)・リンパ腫」、「猫エイズ」について見ていきます。

進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

同時多発的に全身の関節に炎症が起こる病気があります。今回は、猫の骨関節疾患、「進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん)」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に腫瘍やかさぶた、びらん、しこりができる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」、「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」について見ていきます。

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々ですので、原因を特定し適切な治療が必要になります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

耳介血腫、耳介の外傷 : 飼い主が知っておきたい耳の病気

耳介(じかい)というのは外耳の一部で外に張り出しているところを指しています。今回は、猫における耳の病気や怪我、「耳介血腫」「耳介の外傷」について見ていきます。

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。

ネフローゼ症候群 : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓疾患群の総称を「ネフローゼ症候群」と呼びます。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「ネフローゼ症候群」について見ていきます。