MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

心臓の右心室入り口に存在する「三尖弁(さんせんべん)」という弁が正しく閉じなくなってしまう病気があります。

%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%89
今回は、猫における循環器疾患、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)

「三尖弁(さんせんべん)」が正しく閉じなくなってしまうと、右心室から右心房へ血液が逆流してしまい、それによって全身が浮腫んだり、お腹や胸に水が溜まってしまうことがあります。

「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」の原因・症状

「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」は、心臓の右心室の入り口に位置する「三叉弁(さんさべん)」という弁が正しく閉じないことで、右心室から右心房への血液の逆流が発生してしまう病気です。
「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」(※「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」)や「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」、「フィラリア症」や「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」、「肺高血圧症」などの病気と合併して発生することがあります。
「三尖弁(さんせんべん)」は、右心房と右心室を仕切っている2枚の弁で、右心房から右心室へ血液が流れる際には「三尖弁(さんせんべん)」がひらいて右心室へ送られます。
また右心室から肺動脈へ血液が流れる際には、右心房へ血液が逆流しないように「三尖弁(さんせんべん)」は閉じられることになります。
2枚の「三尖弁(さんせんべん)」が閉じられた時に支えているのが「腱索」という腱で、「腱索」をコントロールしている筋肉が「乳頭筋」という筋肉です。
「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」は、「腱索」「乳頭筋」あるいは「弁」自体に異常が起こり、弁と弁の間に隙間が生まれ、血液が逆流してしまうことによって発症します。
他の心臓の病気によって心臓が拡大し、「三尖弁(さんせんべん)」の便利んが引き伸ばされてしまうことで弁のかみ合わせが悪くなり、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」が発症するということもあります。
動物病院での診断は、聴診による心雑音の聴取、胸部X線検査、心臓超音波検査、心電図検査、血圧測定、血液検査などあらゆる検査によって心臓の大きさや肝臓、腎臓の状態、不整脈などの確認が行われるでしょう。
治療としては、基本的には血管拡張薬や利尿剤、強心薬、抗不整脈薬などの投与による内科治療が行われることになります。
また、胸水や腹水が確認される場合は、「胸腔穿刺術(きょうくうせんしじゅつ)」「腹腔穿刺術(ふくくうせんしじゅつ)」といった針を刺して水を抜き取る、外科手術が行われることもあります。
また、外科手術により、三尖弁の隙間を減らし、血液の逆流量を減らすということもあります。
人工心肺装置を使用し、人口の糸で「腱索」を作ったり、弁輪の大きさを小さくするという方法がとられることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

白内障、緑内障 : 飼い主が知っておきたい目の病気

人間と同様に、特に年齢を重ねるとかかりやすい目の病気があります。あるいは目の外傷や他の病気との併発によって起こる病気もあります。今回は、猫における目の病気、「白内障」「緑内障」についてです。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

歳をとった猫がかかりやすい骨関節疾患があります。今回は、猫の骨関節疾患、「変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)」について見ていきます。

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

猫における内分泌疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好塩基球(こうえんききゅう)増加症、単球(たんきゅう)増加症、リンパ球増加症・減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」が増加、減少することによる異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」「単球(たんきゅう)増加症」「リンパ球増加症・減少症」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)、オスの三毛猫 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オスの猫と暮らしている場合は、オス猫に起こる異常を見逃さないようにしましょう。今回は肛門の周りにできる「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」、また病気ではありませんが非常にめずらしい「オスの三毛猫」についてです。

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。