MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

心臓の右心室入り口に存在する「三尖弁(さんせんべん)」という弁が正しく閉じなくなってしまう病気があります。

%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%89
今回は、猫における循環器疾患、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)

「三尖弁(さんせんべん)」が正しく閉じなくなってしまうと、右心室から右心房へ血液が逆流してしまい、それによって全身が浮腫んだり、お腹や胸に水が溜まってしまうことがあります。

「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」の原因・症状

「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」は、心臓の右心室の入り口に位置する「三叉弁(さんさべん)」という弁が正しく閉じないことで、右心室から右心房への血液の逆流が発生してしまう病気です。
「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」(※「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」)や「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」、「フィラリア症」や「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」、「肺高血圧症」などの病気と合併して発生することがあります。
「三尖弁(さんせんべん)」は、右心房と右心室を仕切っている2枚の弁で、右心房から右心室へ血液が流れる際には「三尖弁(さんせんべん)」がひらいて右心室へ送られます。
また右心室から肺動脈へ血液が流れる際には、右心房へ血液が逆流しないように「三尖弁(さんせんべん)」は閉じられることになります。
2枚の「三尖弁(さんせんべん)」が閉じられた時に支えているのが「腱索」という腱で、「腱索」をコントロールしている筋肉が「乳頭筋」という筋肉です。
「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」は、「腱索」「乳頭筋」あるいは「弁」自体に異常が起こり、弁と弁の間に隙間が生まれ、血液が逆流してしまうことによって発症します。
他の心臓の病気によって心臓が拡大し、「三尖弁(さんせんべん)」の便利んが引き伸ばされてしまうことで弁のかみ合わせが悪くなり、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」が発症するということもあります。
動物病院での診断は、聴診による心雑音の聴取、胸部X線検査、心臓超音波検査、心電図検査、血圧測定、血液検査などあらゆる検査によって心臓の大きさや肝臓、腎臓の状態、不整脈などの確認が行われるでしょう。
治療としては、基本的には血管拡張薬や利尿剤、強心薬、抗不整脈薬などの投与による内科治療が行われることになります。
また、胸水や腹水が確認される場合は、「胸腔穿刺術(きょうくうせんしじゅつ)」「腹腔穿刺術(ふくくうせんしじゅつ)」といった針を刺して水を抜き取る、外科手術が行われることもあります。
また、外科手術により、三尖弁の隙間を減らし、血液の逆流量を減らすということもあります。
人工心肺装置を使用し、人口の糸で「腱索」を作ったり、弁輪の大きさを小さくするという方法がとられることになるでしょう。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ボルデテラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫に感染すると重症化する可能性の高い細菌性・ウイルス性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ボルデテラ症」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

どんな猫でも病気になってしまうリスクはあります。普段の生活の中でよく観察し病気の早期発見が大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「糖尿病(とうにょうびょう)」「毛球症(もうきゅうしょう)」について見ていきます。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。

大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に腫瘍やかさぶた、びらん、しこりができる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」、「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。