MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

 

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。

ragdoll

Sponsored Link

ラグドールの起源

「ラグドール」は、1965年にアメリカで品種として登録されたネコです。
トルコのアンカラを経由してイタリアへ渡ったネコである「ペルシャ」と、ミャンマー出身の「バーマン」の掛け合わせで生まれたと考えられていますが、詳細は明らかになっていない品種です。
「ペルシャ」や「バーミーズ(バーミューズ)」などとの交配を重ねて、品種改良されてきた品種です。
「ラグドール」は、抱きかかえられている姿がまるでぬいぐるみのようだったことから、英語で「ぬいぐるみ」を意味する「ラグドール」という名前がつけられました。

ラグドールの特徴

性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほど。
抱っこされて喜ぶネコはあまりいない為、珍しい性格です。
なお、「ラグドール」に良く似た品種の「ラガマフィン」も、もともとは「ラグドール」の血を引く品種ですので外見も性格も良く似ています。
泣き声も静かで激しい動きもなく、ツメで壁を引っかいたりすることも少ないでしょう。
人間の子供にも寛容でやさしい性格ですので、小さなお子さんがいる家庭でも飼いやすいネコです。

「ラグドール」の基本データ

英語表記 Ragdoll
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期
発生スタイル
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ
カラー 毛色:、目色:

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

エキゾチックショートヘア : 「ぶさかわ」いい猫

「エキゾチックショートヘア」は、まるで「ブルドッグ」のようにペチャっとした顔つきの”ぶさかわ”です。篠原良子主演のドラマ「オトナ女子」で登場した”ぶさかわ”ネコ「ちくわ」は、この「エキゾチックショートヘア」です。

ベンガル : 「ジャガー」のような野生的な外見の猫

「ベンガル」といっても俳優のベンガルさんではありません。そもそも俳優のベンガルさんの由来は、「ベンガルの虎」という演劇から来ているようですので、ネコの「ベンガル」とは全く関係ないようです。

バーマン : 伝説を持つビルマの聖なる猫

ビルマの聖猫「バーマン」についてです。「バーマン」の起源は、はっきりとしたことはわかっていないのですが、幾つかの伝説があるようです。足先が白いので、まるで白い靴下を履いているように見えます。

ラパーマ : 巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられた猫

「ラパーマ」の外見的な特徴は、名前にもあるようにそのカールした被毛です。なお、「ラパーマ」には長毛のネコと短毛のネコの2種類が存在します。カールした被毛は、特に耳の付け根のあたりと顎の下に強く現れます。

セルカークレックス : 被毛がカールしていてモコモコな猫

「セルカークレックス」は被毛がカールしているのが特徴で、「セルカークレックス」と同様にカールしている毛並みを持っている「コーニッシュレックス」や「デボンレックス」の中でも一番新しい品種です。

スノーシュー : 白い靴下を履いている猫

「スノーシュー」は、「シャム」の子猫の中に白い靴下をはいたように脚の先が白いネコを偶然に見つけたことから始まりました。その名の通り、足先が白く雪靴をはいているような、もしくは白い靴下を履いているような模様が特徴のネコです。

バーミーズ(バーミューズ) : もともとはミャンマーの猫

もともとミャンマーにいたネコが起源である「バーミーズ(バーミューズ)」という品種のネコについてです。人懐っこく、おおらかな性格をしており、静かでおとなしいのであまり鳴くこともなく、また毛並みは短くて光沢があり、とても豊かな色彩をしているネコです。

カリフォルニアスパングルド : 「ヒョウ」のミニチュア

「ヒョウ」のようなネコ、「カリフォルニアスパングルド」についてです。「ヒョウ」そっくりな品種を作ることで「ヒョウ」などの猛獣への愛着を沸かせて阻止しようと考え、作り出した品種です。

シンガプーラ : 「小さな妖精」

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。