MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

鼻におけるリンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

 

中齢から老齢の猫に発生しやすい咽頭部の腫瘍が、「リンパ腫」です。

陽だまりの中の猫
今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻におけるリンパ腫」について見ていきます。

Sponsored Link

鼻におけるリンパ腫

「鼻におけるリンパ腫」は猫の鼻咽頭における腫瘍としては最も多いと言われています。

「鼻におけるリンパ腫」の原因・症状

「鼻におけるリンパ腫」の症状は、当初はあまり特徴的なものではなく、鼻水、くしゃみ、鼻血、いびき、食欲不振などが発生します。
その為、初期段階で「鼻におけるリンパ腫」を発見することも難しくなります。
リンパ腫が進行すると、口を開けて苦しそうに呼吸するようになったり、顔が変形したり、眼球突出、涙、目ヤニなどの症状が現れます。
動物病院での診断は、ブラシを使い鼻の細胞を採取して病理組織検査を行ったり、CT検査や骨髄穿刺(こつずいせんし)検査によって全身への転移の進行を見ることになります。
また「リンパ腫」は、「猫白血病ウイルス(FeLV)」(「猫白血病ウイルス(FeLV)、トキソプラズマ症 : 飼い主が知っておきたい重い病気」)が関与して発生している可能性があるため、「猫白血病ウイルス(FeLV)」に感染していないか検査する必要もあります。
「猫白血病ウイルス(FeLV)」が陰性である猫のほうが、「猫白血病ウイルス(FeLV)」が陽性であった猫よりも、より生存期間が長いという調査もあるようです。
動物病院で獣医師により診断された場合、治療としては、全身性の「リンパ腫」であった場合は、抗がん剤による治療が必要になるでしょう。
また全身性の「リンパ腫」でなければ、放射線治療が治療法として選択されることになるでしょう。
抗がん剤による治療は、人間における抗がん剤治療ほどの副作用は猫にはないということが言われますが、やはり老齢になればなるほど体力も落ちているため、食欲不振、元気消失などが副作用として現れることがあります。
抗がん剤治療によって余命が伸び、元気に回復しているという例もありますので、その猫の病状やリンパ腫の進行度合い、年齢なども考慮し、獣医師への相談、指示を受けることが大切です。
また猫の鼻におけるリンパ腫では、鼻が詰まりますので匂いをかぐことができず、その影響で更に食欲不振に陥る傾向がありますので、体力を維持、回復するためにも、治療として食欲増進剤の投与や、食事内容を考慮したり、食事を温めるようにしたりといった対応も必要になります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ニキビダニ症、円形脱毛、心因性脱毛 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

飼い主が気づきにくい猫の異変もあるため、ブラッシング時など普段から注意深く観察することも大切です。今回は、猫における皮膚病、「ニキビダニ症」「円形脱毛」「心因性脱毛」について見ていきます。

糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

初期段階では症状がほとんどみられないと言われているので注意が必要です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は猫にとって毒

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を猫が摂取すると、植物成分によって中毒症状を起こすことがあります。このことは、比較的最近発覚したということもあり、まだあまり広くしられていないようです。

猫の「またたび」の好きっぷりにはいつも驚き

大好物であることを例えて「猫にまたたび、お女郎に小判」などと言われるほど、猫は「またたび」が大好きです。しかし猫の「マタタビ反応」をみていると、普通ではない状態になってしまうので少し心配になってきますが、猫の体に害はないのでしょうか。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

鼓腸(こちょう)、下痢 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

「鼓腸(こちょう)」や「下痢(げり)」は消化管における病気の徴候の可能性もあります。今回は、猫における消化器系の異常、「鼓腸(こちょう)」、「下痢(げり)」について見ていきます。