MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

 

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。

寝ている黒猫
今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。

乳腺における腫瘍

「乳腺における腫瘍」のほとんどは、「乳腺腺癌(にゅうせんせんがん)」で、中齢から老齢の猫に発生する病気です。

「乳腺における腫瘍」の原因・症状

中齢から老齢の猫に、乳腺やお腹にしこりが見られた場合は、「乳腺癌(にゅうせんがん)」の可能性があり、塊が一つだけだった場合でも悪性の可能性があります。
また若齢の未妊娠のメス猫、妊娠中の猫には、「乳腺肥大」「乳腺科形成」「乳腺線維腺腫症」や、「乳房炎」の可能性がありますので、いち早く動物病院で診てもらうことが大切です。
「乳腺における腫瘍」は、腫瘍が大きくなったり、あるいは潰瘍状になるまでは気づきにくく、発見した時には既に進行が進んでいるということも多いようです。
症状としては、無症状の場合も多いようですが、中齢から老齢の猫において乳腺に腫瘍が見つかる場合は、悪性の腫瘍である場合が多いので早めに治療していく必要があります。
猫の乳腺は合計4対あり、「乳腺腺癌(にゅうせんせんがん)」の場合はそのうちの下の2対における発生が多い傾向にあると言われています。
「乳腺における腫瘍」が発見された場合は、悪性腫瘍であれば既にリンパ節や肺に転移していることも多いため、胸部X線検査やCT検査による転移の有無確認、またリンパ節が腫れていないかなどの検査により診断されることになるでしょう。
また細胞を塊状に採取し検査する組織生検も行われることがあります。
治療としては、第一の選択肢として外科手術による摘出が挙げられるでしょう。
1つの乳腺で悪性腫瘍が発見された場合でも、一つの乳房を切除するよりも該当する片側の一列を切除するほうがその後の状態がよいということが言われているため、片側一列、あるいは全ての乳腺を切除することになる可能性があります。
しかし一方で、手術後の傷口が治りにくい場合は、合併症などの恐れもありますので、獣医師と相談の上適切な方法による看護が必要になるでしょう。
悪性腫瘍が進行してしまっている場合は、外科手術による摘出が困難な場合もあります。
その場合、放射線治療が行われることがあります。
または、外科手術を行った場合でも再発防止のために放射線治療が行われることもあるようです。
あるいは抗がん剤の投与による治療が行われることもあります。
「乳腺腺癌(にゅうせんせんがん)」の場合、猫が痛みを感じることが多くありますので、鎮痛剤の投与なども行われる場合があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事