MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

 

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。

転がる2匹の猫
今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

Sponsored Link

胃腸における腫瘍

胃における腫瘍は、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われており、他の腫瘍の発生はごく稀だと言われています。
腸における腫瘍についてもリンパ腫が最も多く、次いで腸腺癌、肥満細胞腫などが多いと言われています。

「胃腸における腫瘍」の原因・症状

「胃腸における腫瘍」は、リンパ腫、腸腺癌、肥満細胞腫などの悪性腫瘍、また良性ポリープの発生も考えられます。
腸における良性ポリープの場合、十二指腸で発生すると症状としては嘔吐、吐血が見られます。
また、大腸で発生した良性ポリープの場合は、症状が殆どないため気づき辛くなります。
いずれにしても猫に異常がみられたら動物病院で診てもらうことが大切です。
動物病院での診断は、X腺検査や超音波検査、内視鏡検査などによって行われることになるでしょう。
また、組織を採取できる場所に腫瘍がある場合は、塊状で細胞を採取する組織生検が行われることもあります。
また、事前診断が難しい場合でも外科手術による摘出が必要であると判断される場合は、外科手術によって開腹することで診断と治療をすすめることがあります。
「胃腸における腫瘍」がリンパ腫である場合は抗がん剤治療が優先的に行われることになると言われています。
また、腸腺癌と診断された場合は、転移が既に始まっている可能性が高く、発見された時には病状は悪化していることが多いと言われており、生存率も下がってしまう傾向にあります。
外科手術により摘出することになりますが、腹膜炎などが併発していることも多く手術の成功率も下がってしまう傾向に有ると言われています。
しかし、外科手術が成功し、術後を乗り切って転移が見られないようなら生存期間を伸ばすことも可能です。
万が一、術後に転移が見られるようであれば、抗癌剤治療が行われることになるでしょう。
肥満細胞腫については、大腸や小腸に発生しますが、特に小腸における発生が多く見られるようです。
肥満細胞腫についても、発覚時に既に他の部位に転移していることが多く、また既に浸潤が強い場合が多いため、外科手術による摘出が行われても、完全な切除は難しくなります。
しかし、切除が成功し病状を改善できる可能性もありますので、獣医師と相談の上、適切な治療を行うことが大切です。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

猫伝染性貧血、血栓症、心臓病 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫に循環器系の病気の症状が現れたら、激しく動かすことは避けて安静な状態でできるだけ早く動物病院で診てもらうことが重要です。今回は、猫における循環器系の病気、「猫伝染性貧血」「血栓症」「心臓病」について見ていきます。

心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

先天的な心臓病で「右心房」と「左心房」の間に穴が空いてしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)」について見ていきます。

ボルデテラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫に感染すると重症化する可能性の高い細菌性・ウイルス性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ボルデテラ症」について見ていきます。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

病気は早期発見が重要!顔からわかる猫の異変

猫が病気で苦しむ前に、普段から顔や表情を観察して異常がないかチェックすることが大切です。手遅れになる前に、早期発見できるよう努めてあげるのも飼い主の大切な役目です。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

肺水腫(はいすいしゅ)、肺線維症(はいせんいしょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

猫の肺における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「肺水腫(はいすいしゅ)」、「肺線維症(はいせんいしょう)」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好塩基球(こうえんききゅう)増加症、単球(たんきゅう)増加症、リンパ球増加症・減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」が増加、減少することによる異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」「単球(たんきゅう)増加症」「リンパ球増加症・減少症」について見ていきます。