MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

Q熱(きゅうねつ) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

ダニなどの吸血昆虫が感染源として可能性の高い細菌性疾患についてです。

ブサカワ猫が下を向く
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「Q熱(きゅうねつ)」について見ていきます。

Sponsored Link

Q熱(きゅうねつ)

「Q熱(きゅうねつ)」は、人間と動物の共通感染症です。

「Q熱(きゅうねつ)」の原因・症状

「Q熱(きゅうねつ)」は、1936年にオーストラリアで発生した人間における急性熱性疾患の集団発生がはじめの発見と言われています。
当時はこの病気の原因が不明だったことから、「不明な熱病」を意味する「Query Fever」と呼ばれ、そこから「Q熱(きゅうねつ)」という名前がつけられました。
「Q熱(きゅうねつ)」の原因は、細菌の一種である「コクシエラ・ブルネティ」が、経皮的あるいは経気道的な汚染により感染し、やがて体内における各臓器へ感染します。
「コクシエラ・ブルネティ」は、猫をはじめ犬や野鳥、家畜に感染することが多く、また世界的に分布している病原微生物です。
感染した動物の排泄物や胎盤などから、直接的に、あるいはその飛沫によって、経口的、経気道的に感染すると言われています。
ダニなどの吸血昆虫から感染することもあり、菌数が少なかったとしても感染する可能性が高い細菌性疾患です。
症状としては、殆どの場合は症状が現れない不顕性感染だと考えられていますが、発症した場合は、高熱や筋肉痛、元気消失、食欲不振、神経症状などが現れます。
また妊娠している猫に感染してしまった場合、死産することも多くあります。
「Q熱(きゅうねつ)」は、人間と動物の共通感染症で、人間にも感染しやすい感染病です。
人間に感染した場合は、呼吸器系疾患、心内膜炎、肝炎などが発症する原因となります。
猫を含め人間においても、40度以上の高熱がでたり、異常が確認されたら、すぐに病院で診てもらい適切な治療を受けることが必要です。
猫における感染の治療としては、症状が軽症であった場合は自然治癒することも多くあります。
対症療法を行うとともに、テトラサイクリン系、ニューキノロン系、クロラムフェニコールなどの抗菌剤の投与が行われることになるでしょう。
「Q熱(きゅうねつ)」のワクチンはまだありませんので、予防法としては、発症した動物が近くにいる場合は隔離をしたり、生活環境を清潔にすることで、動物の排泄物への接触を避けたり、ダニなどの吸血性昆虫に対する予防、排除に気をつけることが有効であると言われています。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

病気は早期発見が重要!猫の食欲や水の飲み方をチェック

猫も体調により食欲や水の飲み方などに変化が現れます。食欲や飲水量がいつもと違うと感じたら、猫の体調は大丈夫か気にしてみてあげることが必要です。

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

胸腺腫(きょうせんしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

老齢の猫に発生する悪性腫瘍があります。 今回は、猫における腫瘍性疾患、「胸腺腫(きょうせんしゅ)」について見ていきます。

プリオン病 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ウイルスとも細菌とも異なる病原体で、非細胞性のタンパク質による病原体による病気があります。今回は、猫における非細胞性タンパクによる疾患、「プリオン病」について見ていきます。

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

皮膚リンパ肉腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫(悪性メラノーマ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に存在するリンパ球や肥満細胞、メラノサイトが腫瘍化する皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚リンパ肉腫」、「肥満細胞腫」、「悪性黒色腫」(悪性メラノーマ)について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

カンピロバクター感染症(カンピロバクター性腸炎) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

他の動物から感染する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「カンピロバクター感染症」(カンピロバクター性腸炎)について見ていきます。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

歳をとった猫がかかりやすい骨関節疾患があります。今回は、猫の骨関節疾患、「変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)」について見ていきます。