MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

レプトスピラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

人獣共通感染症であり、家畜伝染病予防法で届出伝染病に含まれる細菌性疾患があります。

道で寝込む猫
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「レプトスピラ症」について見ていきます。

Sponsored Link

レプトスピラ症

「レプトスピラ」はトレポネーマ目の一つで、病原性のあるものと無いものの2種類に分類される微生物です。

「レプトスピラ症」の原因・症状

「レプトスピラ」は、中性もしくは弱アルカリ性の淡水や土壌に生息しており、猫の体には経口的、または経皮的に感染し、やがて腎臓などに感染します。
「レプトスピラ」は、病原性のあるものと無いものの2種類に分類され、病原性のある菌においては、その血清型によりおよそ250種類以上にも分類される病原性細菌です。
病原性レプトスピラは、その症状により「黄疸出血型(おうだんしゅっけつがた)」と「腎炎型(じんえんがた)」に分けられます。
「黄疸出血型(おうだんしゅっけつがた)」は、レプトスピラ・コペンハーゲニ、レプトスピラ・イクテロヘモラギエという菌種によって起こり、「腎炎型(じんえんがた)」はレプトスピラ・カニコーラ、レプトスピラ・ヘブドマディスという、それぞれ血清型の異なる菌種によっておこります。
腎炎型の場合、カニコーラ型、ヘブドマディス型それぞれ原因菌の違いによって症状が異なります。
病原性レプトスピラは、感染した動物の尿から排出されるため、汚染された水や土壌、食物から感染すると言われています。
感染してしまった場合、治療としては、テトラサイクリン系、ペニシリン系の抗菌剤投与が行われます。
また、対症療法により、急性腎不全、肝障害などの治療、また栄養補給によって体力の維持、向上が試みられるでしょう。
「レプトスピラ症」の予防としては、ワクチンの投与が有効です。

 

「黄疸出血型(おうだんしゅっけつがた)」

高熱、下痢、嘔吐、貧血などが現れ、口腔粘膜や眼結膜の充血、また腎臓障害や肝臓不全になり、皮膚や粘膜が黄色くなる黄疸が発生します。
治療が遅いと死に至ることもありますので、早期発見により治療を行うことが大切です。

 

カニコーラ型腎炎

食欲不振、元気消失、高熱などとともに、口腔粘膜や眼結膜の充血、出血性胃腸炎、腎炎による血便、嘔吐、貧血、口内炎などがおこります。
また重症化すると、尿毒症や脱水症状が起こり、治療が遅れると死に至ることもあります。

 

ヘブドマディス型腎炎

カニコーラ型腎炎と同様に、食欲不振、元気消失、高熱、口腔粘膜・眼結膜の充血、出血性胃腸炎、腎炎、嘔吐、貧血、口内炎などが起こりますが、更に肝炎を併発しやすく、また併発した場合、死に至ることが多くあります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

排尿障害(はいにょうしょうがい) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

「膀胱炎(ぼうこうえん)」が併発していることが多々あります。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「排尿障害(はいにょうしょうがい)」について見ていきます。

慢性腸炎(まんせいちょうえん)(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD)) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫において多く発生する小腸の病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性腸炎(まんせいちょうえん)」(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD))について見ていきます。

尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

大量に水を飲み尿の量が急激に増える病気があります。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「尿崩症(にょうほうしょう)」について見ていきます。

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における異常についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

食道狭窄(しょくどうきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

食道の一部が狭くなってしまい、食べたものが食道を通過できなくなってしまうことがあります。今回は、猫における消化器系の異常、「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」について見ていきます。

脳腫瘍(のうしゅよう)、脳血管障害(のうけっかんしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脳における病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脳腫瘍(のうしゅよう)」「脳血管障害(のうけっかんしょうがい)」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天的な理由による病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)」について見ていきます。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。