MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。

口を開けて眠る猫
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

Sponsored Link

パスツレラ感染症

「パスツレラ・マルトサイダ」などの「パスツレラ属」の細菌は、土壌や汚染水などの環境や、猫を含む哺乳類や鳥類などの動物の体内、口腔内、排泄物などにおいて広く常在し保菌されている細菌の一種です。

「パスツレラ感染症」の原因・症状

「パスツレラ」は、猫同士の喧嘩による傷口や咬傷、または臭いを嗅いだり舐めたりすることから経口的、経鼻的に感染します。
「パスツレラ」に感染すると、はじめは感染した箇所において局所的に増殖しますが、体力が低下していたりすると全身性感染へ発展し重症化することもあります。
「パスツレラ属」の細菌は、通常は発症することはなく、ほとんどの猫における体内(口腔、唾液、鼻腔など)に常在しています。
これが、咬傷部位や他傷口の汚染が起こったり、体力が減少し免疫機能が低下したりすると、発症します。
発症すると、鼻粘膜にいる「パスツレラ」によって鼻炎が起こり、長期化することもあるようです。
「パスツレラ感染症」の症状としては、多くの場合が局所感染で、傷を負った箇所における皮膚可能性炎や結膜炎、内耳炎、また猫においては肺炎などが発症します。
発症した状態によっては、全身性感染に発展することもありますので、注意が必要です。
「パスツレラ菌」による二次感染が起こると、時には死に至ることもあるため、早期発見、治療が大切になります。
「パスツレラ感染症」の治療としては、患部の消毒や炎症を改善するための対症療法、またテトラサイクリン系やアミノグリコシド系、セフェム系などの抗菌剤の投与が施されることになるでしょう。
また全身性感染の場合、抗菌剤に加えて解熱剤の投与、補液による体力改善が行われ、対症療法も平行して行われることになるでしょう。
「パスツレラ」に対するワクチンはまだありませんが、予防策としては、猫同士、あるいは人と猫などでの直接的な口づけは避けるようにし、常在している口腔内の「パスツレラ」からの感染を防ぐようにすることが挙げられます。
また、咬傷による傷を負った場合は、患部をすぐに消毒することで感染を抑えたり、生活環境の衛生状態を清潔に保つことなども予防のためには有効です。
特に、猫の唾液や排泄物に存在する「パスツレラ」は猫への感染源としては多数事例がありますので、十分な注意が必要となります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

唾液腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「シャム」に多く発症するということが言われている病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「唾液腺における腫瘍」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

カンピロバクター感染症(カンピロバクター性腸炎) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

他の動物から感染する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「カンピロバクター感染症」(カンピロバクター性腸炎)について見ていきます。

眠る子猫
重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(急性骨髄性白血病、リンパ芽球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

猫における「白血病」にも種類があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「急性骨髄性白血病」、「リンパ芽球性白血病」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天的な理由による病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)」について見ていきます。