MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

サルモネラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

サルモネラは動物の排泄物や汚染水などに含まれている細菌の一種です。

猫の顔を魚眼でアップ
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「サルモネラ感染症」について見ていきます。

Sponsored Link

サルモネラ感染症

「サルモネラ」は、人間における食中毒の原因としても有名で、魚介類の生食などで感染する「腸炎ビブリオ菌」と並ぶ細菌です。

「サルモネラ感染症」の原因・症状

「サルモネラ」のうち、主に「サルモネラ・チフィムリウム」を経口的に摂取することで消化管へ感染します。
消化管に感染すると、ゆっくりと全身に広がりやがて発熱、衰弱性症状を起こします。
また、腹痛、嘔吐から下痢が発生し、頻繁に便意を感じるようになります。
必ず重症化するというわけではありませんが、およそ1週間ほど下痢が継続する場合もあります。
急性期においては、白血球の減少が起こり、病状が悪化すると、脱水症状、菌血症、敗血症性ショックなどに陥ることもあり危険です。
場合によっては、結膜炎や子宮筋層炎、妊娠している猫の場合は、流産や死産、心血管の虚脱による死亡などが起こる場合もあります。
胃腸炎ではなく、発熱、抑鬱、体温低下、虚弱などが発生することもあるようです。
「サルモネラ・チフィムリウム」はチフスの原因菌である「サルモネラ・チフィ」を含んでいることでも知られており、「サルモネラ・チフィムリウム」がネズミに感染した場合はチフスを起こしますが、猫に感染した場合、チフスではなく急性胃腸炎や敗血症が発生します。
また「サルモネラ感染」から回復したあとも、ほぼ生涯にわたって保菌化すると言われています。
動物病院では、サルモネラ菌の菌検出が確定診断のためには最良な方法となります。
白血球の減少が現れる感染症としては、パルボウイルス感染症なども同様ですので、類症鑑別が必要になりますが、通常、サルモネラ菌を分離するためには時間がかかり、場合によっては分離できないケースも多々あるようです。
その為、「サルモネラ感染症」の治療は、必ずしもサルモネラ菌分離の結果を待たずして、抗菌剤の投与による菌の抑制が行われることもあります。
「サルモネラ感染症」のワクチンはまだ存在しないため、予防策としては汚染源となりうる排泄物に猫を近づけないようにしたり、猫が生活する環境を清潔にすることで良好な衛生状態の維持に努めることが大切になります。
発症した猫に対しては、治療が完了したあとでも、排泄物などにサルモネラが含まれなくなったということを確認するまでは予断を許しません。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

小腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的な嘔吐、下痢、体重減少が見られたら小腸における腫瘍の疑いがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「小腸における腫瘍」について見ていきます。

排尿障害(はいにょうしょうがい) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

「膀胱炎(ぼうこうえん)」が併発していることが多々あります。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「排尿障害(はいにょうしょうがい)」について見ていきます。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

膵炎(すいえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

これまで生前の診断が難しかった病気があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「膵炎(すいえん)」について見ていきます。

眠る子猫
重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。

鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)、鼻腔内・鼻咽頭ポリープ : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

鼻道や鼻腔内、鼻咽頭における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」、「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

初期段階では症状がほとんどみられないと言われているので注意が必要です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」について見ていきます。