MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

猫から猫へ伝染るウイルス感染症があります。

メジャーで遊ぶ猫
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)について見ていきます。

猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)

「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」は、ワクチン未摂取の子猫にとって致命的になる病気です。

「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)の原因・症状

「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」は、上部気道に炎症が起こる病気で、複数のウイルス性疾患を併発することもある危険な病気です。
また、乾燥に強いウイルスであるため、冬の時期に感染しやすくなる病気です。
「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」は、猫ヘルペスウイルス1型に感染した猫の排泄物や唾液など体液の飛沫や粉塵から経口的、経気道的に体内に入り込み、上部気道に感染します。
「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」になると、上部気道炎による呼吸困難に発展すると命に関わることもあります。
また、妊娠している猫の場合、母猫が感染すると、胎児に感染することもあり、その場合、生後1ヶ月以内に呼吸器系の炎症が発生し死に至ることも多々あります。
また、発熱やくしゃみ、咳が出たり、またよだれを流したり口内炎を起こします。
猫ヘルペスウイルスに直接的に有効な薬剤はまだ無いため、非特異的抗ウイルス剤の投与によりウイルス抑制を行ったり、抗菌剤の投与により、結膜炎や角膜潰瘍の治療を行うことになるでしょう。
また抗炎症剤や鎮咳剤や解熱剤による対症療法、また栄養補給による体力改善が行われます。
予防策としてはワクチン接種が有効ですので、感染する前に動物病院でワクチン接種しておくことが大切です。

猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)

「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)は保菌猫、感染した猫から伝染ります。

「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)の原因・症状

「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)は、保菌猫、感染猫の唾液や血液、精液などに含まれる猫免疫不全ウイルスから感染します。
交尾や泌乳、経口的、また妊娠している猫の場合は、胎児へ子宮内感染することもあり、「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)は「猫エイズ」と呼ばれることもあります。
症状としては、発熱、元気消失、下痢、リンパ節の腫脹、口内炎、口内潰瘍などが現れます。
猫免疫不全ウイルスの特異的な薬剤はまだないため、非特異的抗ウイルス剤の投与、抗菌剤による二次感染予防、栄養補給による体力改善などが行われることになります。

 - 猫の健康・病気 , ,

お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事