MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

猫にも狂犬病は発症します。

狂犬病
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

Sponsored Link

狂犬病

「狂犬病」は犬にだけ感染するのではなく、猫や人間にも感染する恐ろしい病気です。

「狂犬病」の原因・症状

「狂犬病」は、「狂犬病ウイルス」(リッサウイルスの一種)に感染した動物の唾液などの分泌物が、咬傷や唾液の飛沫などによって、目や口の粘膜、傷口などから感染し、神経系にまで至るウイルス性疾患です。
「狂犬病ウイルス」は、神経組織を伝わるようにして増殖し、進行すると中枢神経系にまで到達します。
非常に致死率が高く、「狂犬病」を発症した猫は必ず死に至ります。
「狂犬病」の症状としては、「狂躁型(きょうそうがた)」と「麻痺・沈鬱型(まひ・ちんうつがた)」の2種類に別れます。
「狂躁型(きょうそうがた)」は、殆どの場合で当てはまる定型的病型で、凶暴化し、またウイルスを含んでいる多量のよだれをたらしながら、周りのものに噛みつくようになります。
また全身が痙攣発作を起こすようになります。
発症後、数日内で意識障害、運動障害がおこり、昏睡に陥っておよそ3日から3週間の間で死に至ります。
「麻痺・沈鬱型(まひ・ちんうつがた)」は、凶暴性を示すことがない病型で、比較的珍しい病型です。
顎や喉の筋肉が麻痺し、食事や飲水ができなくなり、脱水症状を起こします。
やがて、全身麻痺、意識不明、昏睡に陥り、およそ1週間以内に死に至ります。
現状、治療法がまだ存在せず、狂犬病の発症が確認されたら、他への感染を防ぐために殺処分されることもあります。

オーエスキー病(仮性狂犬病)

「オーエスキー病」(仮性狂犬病)は、豚に感染している「仮性狂犬病ウイルス」(豚ヘルペスウイルス1型)から発症する病気です。

「オーエスキー病」(仮性狂犬病)の原因・症状

「仮性狂犬病ウイルス」(豚ヘルペスウイルス1型)に感染している豚の生肉の摂取、感染した豚の排泄物や唾液の飛沫から感染する病気が、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)です。
「仮性狂犬病ウイルス」は、「狂犬病ウイルス」とは異なるウイルスですが、感染した場合に狂犬病と似ている狂躁状態になるため、別称として「仮性狂犬病」と言われています。
猫における発症例は少ないといわれていますが、感染すれば通常数日から10日以内に死に至る病気です。
「狂犬病ウイルス」の場合と同様、神経に沿って拡大し、やがて中枢神経にまで至る事になります。
症状としては、狂躁状態に陥り、痙攣、昏睡などが起こります。
治療法はまだ確立していない恐ろしい病気です。
猫の食事に生の豚の肉を与えないようにしたり、猫の食事の環境を整形つに保つなどが予防につながります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

生まれつき股関節に異常がある、猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)」について見ていきます。

マダニ、白癬(はくせん) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

寄生による猫の肌トラブルなど異変に気づくためにも普段からのグルーミングで観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「マダニ」「白癬(はくせん)」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

流涙症、第三眼瞼露出(瞬膜突出) : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫に異常はないかどうか普段から観察しておくことも飼い主の重要な役割だと思います。今回は、猫における目の病気、「流涙症」「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」について見ていきます。

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

猫ウイルス性呼吸器疾患、慢性気管支炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

ウイルス性の呼吸器疾患は、ある程度防御効果が見込めるワクチン接種が効果的です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「猫ウイルス性呼吸器疾患」「慢性気管支炎(細気管支炎)」について見ていきます。