MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

猫の体内において「抗原」と「免疫抗体」の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。

草むらの白猫
今回は、猫における皮膚の病気、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円板状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。

Sponsored Link

全身性エリテマトーデス(SLE)

「全身性エリテマトーデス」(SLE)は、免疫異常による病気です。

「全身性エリテマトーデス」(SLE)の原因・症状

「抗原」とは、病原菌など体に免疫反応を引き起こさせる物質のことで、「抗体」とは、血液中や体液中に存在し「抗原」を体から追い出すためにできる対抗物質のことです。
「全身性エリテマトーデス」(SLE)は、「抗原」と「抗体」の複合体ができてしまい、組織に沈着することによって臓器に炎症をおこしてしまう病気です。
なお、「エリテマトーデス」という言葉は、皮膚の赤い斑点(紅斑)のことを指しています。
症状としては、発熱、関節炎、筋炎、皮膚のびらん、潰瘍、貧血、腎炎などがあります。
動物病院での診断は、血液検査や画像検査、病変部の病理組織検査など複合的な検査によって行われます。
「全身性エリテマトーデス」(SLE)は免疫異常による病気ですので、免疫抑制剤の投与による治療が行われることになるでしょう。

皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))

「皮膚型エリテマトーデス」(円板状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))は、猫においては珍しい病気です。

「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))の原因・症状

「皮膚型エリテマトーデス」(円板状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))は、皮膚において「抗原」と「抗体」の複合体が沈着することによって炎症をおこしてしまう病気です。
病変するのが皮膚のみに限定されて起こり、紫外線にあたることで皮膚の炎症が悪化します。
症状としては、目、鼻、耳、脇の下などの皮膚において、潰瘍、びらん、かさぶたなどができるようになります。
動物病院での診断は、血液検査や画像検査、病変部の皮膚、内臓の病理組織検査など複合した検査によって判断されます。
「皮膚型エリテマトーデス」(円板状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))は免疫の異常によって発症する病気であるため、免疫抑制剤の投与による治療が行われることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

ニンフォマニア、子癇(しかん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫における出産前後に起こりやすい病気があります。今回は、メス猫における病気、「ニンフォマニア」、「子癇(しかん)」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

マイコプラズマ多発性関節炎 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

体内に寄生している真正細菌が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「マイコプラズマ多発性関節炎」について見ていきます。

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫同士のケンカや交通事故などによる外傷が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

猫パルボウイルス感染症、猫伝染性腹膜炎(FIP) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫にとって致命的な伝染病があります。今回は、猫における消化器系の病気、「猫パルボウイルス感染症」、「猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえん)」(FIP)について見ていきます。