MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。

屋根の上の猫
今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

Sponsored Link

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)

「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」になると、唇の粘膜が腫瘍化したり、皮膚に硬いしこりができたりします。

「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」の原因・症状

「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」になると、唇の粘膜がくずれて腫瘍化したり、首や胸、お腹や足の皮膚に赤くて硬いしこりができ、脱毛やかゆみを発生させます。
直接的な原因の詳細は不明ですが、アレルギーやウイルス感染が原因となっていると考えられており、何かしらの免疫機能に異常が起こることによって「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」が発症すると考えられています。
動物病院での診断は、病変部の皮膚を採取し、病理組織検査をすることで行います。
「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」という病名は、病変部の皮膚に好酸球が多数浸潤し皮膚炎をおこしていることから名づけられたということです。
治療は、ステロイド剤、免疫抑制剤の投与によって行われるでしょう。

天疱瘡(てんぼうそう)

「天疱瘡(てんぼうそう)」は、免疫異常によって皮膚の表面を構成し、結合ている細胞を破壊してしまう病気です。

「天疱瘡(てんぼうそう)」の原因・症状

「天疱瘡(てんぼうそう)」が派生しやすい場所としては、鼻、耳の周縁部、足の裏などがあり、水疱や膿疱、かさぶた、びらん、フケなどが発生します。
また、病状によっては、発熱や食欲不振、元気消失などが起こることもあります。
症状が悪化していると、背中やお腹の皮膚にも水疱や膿疱、かさぶた、びらん、フケなどが発生することがあります。
病状が悪化する前に、早い段階で動物病院でみてもらうことが大切です。
診断は、病変部位を採取して病理組織検査をすることで行います。
「天疱瘡(てんぼうそう)」は、原因が免疫機能の異常によるものであるため、免疫抑制剤の投与によって治療を行うことになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

蕎麦
猫が蕎麦を食べると蕎麦アレルギーを起こす危険が!

ネコに「蕎麦」を食べさせることでの危険性は「蕎麦アレルギー」反応が出るかもしれないというリスクにあります。「蕎麦アレルギー」を含めた食物アレルギー反応が出やすいのは、子猫に多く見られますので、幼猫と暮らしている飼い主は特に注意が必要です。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「リンパ腫」は免疫機能を担っている白血球の一種である「リンパ球」の癌です。今回は、猫の血液・免疫系疾患、「リンパ・造血器腫瘍」の一つである「リンパ腫」について見ていきます。

骨髄における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨髄における腫瘍」は細かい分類がありますが、大きく分類すると三種類に別れます。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨髄における腫瘍」について見ていきます。

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺動脈の一部が細くなってしまい、血液が流れづらくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁閉鎖不全症(そうほうべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

ホルネル症候群、顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の顔や表情、目、口、鼻、耳に異常が現れる病気があります。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「ホルネル症候群」「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」について見ていきます。

慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

盲腸や結腸、直腸などの大腸に見られる慢性的な腸炎があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん)」について見ていきます。