MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ニキビダニ症、円形脱毛、心因性脱毛 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

飼い主が気づきにくい猫の異変もあるため、ブラッシング時など普段から注意深く観察することも大切です。

ブラッシングされている猫
今回は、猫における皮膚病、「ニキビダニ症」「円形脱毛」「心因性脱毛」について見ていきます。

Sponsored Link

ニキビダニ症

猫の毛包内に寄生する「ニキビダニ」によって発生する皮膚炎が「ニキビダニ症」です。

「ニキビダニ症」の原因・症状

「ニキビダニ症」は、通常、健康な猫の皮膚にも寄生している可能性がある「ニキビダニ」(デモデックス)によって発症する皮膚炎ですが、健康な猫の場合、皮膚炎までは発症しないため、寄生していることに気づかないことがほとんどです。
ただし、「猫免疫不全ウイルス」や「猫白血病ウイルス」への感染により、免疫力が低下し、且つ「ニキビダニ」が以上に増殖した場合に、皮膚炎が発症することがあります。
猫よりも犬に発症する事例が多く、猫に関してはまれな病気です。
「ニキビダニ症」の症状としては、フケ、脱毛、潰瘍、かさぶた、にきび、痒み、疼痛、皮膚から膿が出る、かさぶたができる、など様々であるため、他の皮膚疾患との鑑別が必要になります。
「ニキビダニ症」に伴い、細菌性の二次感染が発生すると症状が悪化し、時には死に至ることもあるため、早めの治療が必要です。
動物病院での診断は、異変が発生している皮膚から病変部を採取し顕微鏡観察により虫体検出が行われることになるでしょう。
治療としては、「イベルメクチン」や「ドラメクチン」「ミルベマイシン」などの駆虫薬の投与によって行われるでしょう。
また、併発して細菌感染が確認される場合は、抗生剤の投与も同時に行われることが考えられます。
症状が悪化する前に、獣医師の診察をうけ、いち早く適切な治療を行うことが理想です。

円形脱毛

「円形脱毛」は、特に成長期の猫に発生する可能性がある異変です。

「円形脱毛」の原因・症状

猫の成長期に、何かしらの原因により毛根に異常が発生することで、斑状の円形脱毛が発生することがあります。
頭や首、背中の毛に発生することが多く、病変部の毛を顕微鏡で観察すると、毛根が球状になっていることが確認されます。
詳細の原因特定は、病理組織検査を行うことで診断されることになるでしょう。
「円形脱毛」が発生したとしても多くの場合、半年から数年の間で自然治癒することが多いようですが、病状が悪い場合はステロイドの投与、免疫抑制剤の投与が試みられることもあります。

心因性脱毛

「心因性脱毛」は、猫がストレスを感じることで皮膚を執拗に舐めて脱毛したり、皮膚炎をおこしてしまう症状のことです。

「心因性脱毛」の原因・症状

「心因性脱毛」の場合、原因が精神的な要因であるため、皮膚自体の病気は認められません。
猫が自分で舐めやすい場所である、お腹や尻尾、前足などに脱毛が確認されます。
症状がひどい場合は、皮膚が向けてしまったり、潰瘍化することもありますが、根本的な原因が解消されないかぎり、猫は舐め続け病状は悪化の一途をたどることとなります。
治療としては、根本的な精神障害の原因を取り除きストレスを払拭することが必要となります。
また進行状態によっては、薬物療法が行われることもあるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

結晶尿(けっしょうにょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

ミネラル成分が尿中で結晶を形成することがあります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「結晶尿(けっしょうにょう)」について見ていきます。

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

癌(がん)・リンパ腫、猫エイズ(FIV) : 飼い主が知っておきたい重い病気

かかると重い病気として「癌(がん)・リンパ腫」や「猫エイズ」という病気があります。今回は、これら猫における重い病気、「癌(がん)・リンパ腫」、「猫エイズ」について見ていきます。

鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)、鼻腔内・鼻咽頭ポリープ : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

鼻道や鼻腔内、鼻咽頭における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」、「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」について見ていきます。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。

蕎麦
猫が蕎麦を食べると蕎麦アレルギーを起こす危険が!

ネコに「蕎麦」を食べさせることでの危険性は「蕎麦アレルギー」反応が出るかもしれないというリスクにあります。「蕎麦アレルギー」を含めた食物アレルギー反応が出やすいのは、子猫に多く見られますので、幼猫と暮らしている飼い主は特に注意が必要です。

小腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的な嘔吐、下痢、体重減少が見られたら小腸における腫瘍の疑いがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「小腸における腫瘍」について見ていきます。

猫パルボウイルス感染症、猫伝染性腹膜炎(FIP) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫にとって致命的な伝染病があります。今回は、猫における消化器系の病気、「猫パルボウイルス感染症」、「猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえん)」(FIP)について見ていきます。

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。