MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。

外国の猫
私達人間や猫が生活している中で、空気や土などの環境にはあらゆる細菌やウイルス、真菌などの微生物が存在しますが、通常はこれらに感染することもなく生活しています。
これは、人間や猫の体内の免疫機構の働きによって、体内に細菌やウイルス、真菌などの微生物が侵入しないよう防御しているからです。
今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。

免疫不全

「免疫不全」は、体内の免疫機構において異常が発生し、細菌やウイルス、真菌などの微生物による感染症が生じたり、持続感染や再発感染が起こりやすくなっている病態のことです。

「免疫不全」の原因・症状

「免疫不全」の原因は様々で、何かしらの理由で免疫機能が低下したり破綻することで発生します。
「免疫不全」は大きく分けて、「先天性」と「後天性」があります。
「先天性免疫不全」は、猫においては非常に珍しい病気ですが、「ペルシャ」において血液内の白血球における「顆粒球」が巨大化する「チェディアック・東症候群(ひがししょうこうぐん)」や、「バーマン」において胸腺萎縮などの症例があるようです。
「後天性免疫不全」は、「猫免疫不全ウイルス感染症」や免疫抑制剤投与、代謝異常、栄養障害、腫瘍などに続発して生じる場合があります。

「猫免疫不全ウイルス感染症」

「猫免疫不全ウイルス」は、猫科の動物のみに感染するウイルスです。
「猫免疫不全ウイルス」に感染すると、免疫機能を低下させあらゆる病気にかかりやすくなるため「猫エイズ」と呼ばれることもあります。
急性感染症ではないため、「猫免疫不全ウイルス」に感染していたとしても発症することなく長生きする猫もいます。
感染初期はほとんどの場合症状がないため、感染していることに気づかず、健康診断や他の病気のために獣医師に診てもらった際に感染していることが発覚することもあります。
感染源としては、「猫免疫不全ウイルス」に感染している猫との喧嘩、咬み傷から感染する場合が多いと考えられています。
猫同士のグルーミング、交尾などによる感染は少なく、感染している猫の唾液から感染すると考えられています。
「猫免疫不全ウイルス」に感染している猫は「キャリア」と呼ばれ、「キャリア」の猫は感染から発症すること無く過ごす猫もいれば、数年で腫瘍化する猫もいます。
「猫免疫不全ウイルス」への感染から4,5年後に発症する例が多く、発症から数日から数ヶ月で死に至る場合もあると言われています。

 - 猫の健康・病気 , ,

お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事