MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[リンパ・造血器腫瘍]リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

「リンパ腫」は免疫機能を担っている白血球の一種である「リンパ球」の癌です。

道で寝そべる猫
今回は、猫の血液・免疫系疾患、「リンパ・造血器腫瘍」の一つである「リンパ腫」について見ていきます。

Sponsored Link

リンパ腫

「リンパ腫」は、リンパ節や肝臓、脾臓などの臓器に発生するリンパ系腫瘍で、その発生部位によって「消化器型」「胸腺型」「多中心型」「皮膚型」「節外型」に分類されます。
猫における「リンパ腫」は「胸腺型」「消化器型」の発症が多いとされていますが、その他にも感染例として、「節外型」である目、鼻、腎臓、中枢神経などの部位での発症事例もあるようです。

「リンパ腫」の原因・症状

猫における「リンパ腫」はウイルス感染と密接な関連があると考えられている病気です。
発症しやすい年齢は様々で、若齢の猫においては「猫白血病ウイルス」感染していることが多いと言われています。
また、「猫免疫不全ウイルス感染症」は「リンパ腫」を併発するリスクが特に高く、「猫免疫不全ウイルス」に感染していない猫よりもおよそ75倍の感染リスクがあると言われています。
動物病院での診断は、身体検査、血液検査、X線検査、超音波検査、病理組織検査などによって行われます。
また、ウイルス感染との併発が多いことからウイルス検査もおこわなわれることになるでしょう。
治療は、抗がん剤の投与によって行われることになるでしょう。
状況によって変わりますが、「リンパ腫」発症後の平均生存期間は約7ヶ月とされているのが現状です。

「消化器型リンパ腫」の症状

「消化器型」は、消化管での腫瘍の増殖、消化管に付属する「リンパ節」が腫大します。
体重減少、元気消失、下痢、嘔吐、血便などの症状が現れます。

「胸腺型リンパ腫」の症状

「胸腺型」は、胸に位置する胸腺において腫瘍細胞が増殖し、心臓、肺、大血管などが圧迫されることで、呼吸困難、開口呼吸、嘔吐、咳などの症状が現れます。

「多中心型リンパ腫」の症状

「多中心型」は、下顎リンパ節や膝下リンパ節など体表リンパ節が肥大します。
重症化すると、肝臓や脾臓、骨髄に腫瘍細胞が進行します。
リンパ節の腫大に加え、元気消失、食欲低下、体重減少などが現れます。

「皮膚型リンパ腫」の症状

「皮膚型」は、皮膚に腫瘍性結節や潰瘍などが現れます。
多くの場合、急速に進行し、肝臓、脾臓、骨髄などの他の臓器に浸潤します。

「節外型リンパ腫」の症状

「節外型」は、目、中枢神経、腎臓などで増殖します。
症状は、その発症した部位によってそれぞれ変わってきます。

 

猫に異常が見られたらいち早く動物病院に連れて行って獣医師に診てもらうことが大切です。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好塩基球(こうえんききゅう)増加症、単球(たんきゅう)増加症、リンパ球増加症・減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」が増加、減少することによる異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」「単球(たんきゅう)増加症」「リンパ球増加症・減少症」について見ていきます。

オーストリッチミニピロー
ちょっとした仮眠のために作られたおすすめグッズ、MoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズ

今回は、眠気が抜けない時に便利な、スペイン製ハンドメイド携帯ピローMoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズついてご紹介します。

腸炎(ちょうえん)、肛門嚢炎(こうもんのうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

病気でトイレが不快だと非常に辛いのは猫も一緒です。今回は、猫における消化器系の病気、「腸炎(ちょうえん)」、「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」について見ていきます。

骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

遺伝子が関与している骨関節の遺伝病があります。今回は、猫の骨関節疾患、「骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう)」について見ていきます。

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。