MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[止血凝固異常]血友病(けつゆうびょう)、フォン・ヴィレブランド病 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

遺伝性疾患による、血液凝固機構の異常=「止血凝固異常」についてです。

遠目で見つめてくる猫
今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「血友病(けつゆうびょう)」「フォン・ヴィレブランド病」について見ていきます。

Sponsored Link

止血凝固異常(しけつぎょうこいじょう)

血管が傷ついたことにより出血した場合、出血している箇所に血栓が形成され体外への出血を防ぐという働きを止血凝固機構と言い、止血凝固機構における異常である「止血凝固異常(しけつぎょうこいじょう)」については、以前記述いたしました。
※「[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患
今回は、「止血凝固異常」が遺伝的に発生する病気「血友病(けつゆうびょう)」「フォン・ヴィレブランド病」について見ていきます。

「血友病(けつゆうびょう)」の原因・症状

遺伝性の血液凝固異常症の一つに「血友病(けつゆうびょう)」があります。
「血友病(けつゆうびょう)」は、遺伝子における代ⅷ因子が欠乏している「血友病A」と、第ⅸ因子が欠乏している「血友病B」があり、いずれもX染色体性劣性遺伝であるため、殆どの場合はオス猫に発症します。
症状としては、筋肉内部、関節内部における出血で足を引きずって歩くようになったり、関節腫脹が発生したり、また遺伝性であるため子猫における症状として乳歯が生え変わった際に出血が止まらなくなる、注射をした部位において皮下血腫が起こる、などがあります。
また頭蓋骨内における出血では、出血塊によって脳が圧迫されることによって、体の一部が麻痺したり、後遺症が残ったり、状態が悪ければ命を脅かす危険もあります。
遺伝性の病気だということもあり、根本的に治療する方法はありませんが、日常生活における怪我や関節などへの負担が掛からないよう十分に気をつけることが大切です。
もし「血友病(けつゆうびょう)」の猫が出血してしまった場合は、動物病院で輸血することによって凝固因子を補充することが必要になります。

「フォン・ヴィレブランド病」の原因・症状

「フォン・ヴィレブランド因子」は、体内の血管に損傷を受けた際に、血小板が接着するための糊のような役割をします。
「フォン・ヴィレブランド病」は「フォン・ヴィレブランド因子」の量や働きにおける異常症で、遺伝性疾患です。
猫においてはとても症例が少ない病気ですが、非常に重い病気の一つです。
なお、「フォン・ヴィレブランド因子」は、フィンランドの医師である、エリック・フォン・ヴィレブランド氏によって1926年に発見されました。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

膣炎(ちつえん)、膣脱(ちつだつ)・過形成 : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の生殖器における病気があります。今回は、メス猫の病気、「膣炎(ちつえん)」、「膣脱(ちつだつ)・過形成」について見ていきます。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

ニンフォマニア、子癇(しかん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫における出産前後に起こりやすい病気があります。今回は、メス猫における病気、「ニンフォマニア」、「子癇(しかん)」について見ていきます。

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

若齢から老齢まで幅広い年齢層で発生する腫瘍性疾患です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

水腎症(すいじんしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

お腹にしこりが感じ取られるようになって気づくことが多い病気です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「水腎症(すいじんしょう)」について見ていきます。

胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

猫の肝胆道系において一般的な炎症性疾患があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。