MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[白血球増加症・減少症]好塩基球(こうえんききゅう)増加症、単球(たんきゅう)増加症、リンパ球増加症・減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

血液中の「白血球」が増加、減少することによる異常についてです。

眠っている猫の顔のアップ
今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」「単球(たんきゅう)増加症」「リンパ球増加症・減少症」について見ていきます。

Sponsored Link

白血球増加症・減少症

「白血球増加症」は、健常な猫の末梢血液中の総白血球数より白血球の数が多い場合、「白血球減少症」は白血球の数が少ない場合に起こる病気です。
「白血球増加症・減少症」については、以前「[白血球増加症・減少症]好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症、好酸球(こうさんきゅう)増加症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患」のページでもご紹介しました。
「白血球」は形態的特徴や機能などから、「好中球(こうちゅうきゅう)」、「好酸球」、「好塩基球」、「単球」、「リンパ球」に分類されますが、今回は、「白血球増加症・減少症」における「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」「単球(たんきゅう)増加症」「リンパ球増加症・減少症」について見ていきます。

「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」の原因・症状

「好塩基球(こうえんききゅう)」は、健常な体の猫においては末梢血液中にはほとんど確認されることのないものですが、前述の「好酸球(こうさんきゅう)増加症」(※「[白血球増加症・減少症]好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症、好酸球(こうさんきゅう)増加症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患」)と連動して起こることがあります。
「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」の主な原因としては、寄生虫性疾患、過敏症疾患、腫瘍性疾患などが挙げられます。

「単球(たんきゅう)増加症」の原因・症状

「単球(たんきゅう)増加症」は、「単球(たんきゅう)」が基準値より増加することによる症状で、前述の「好中球(こうちゅうきゅう)増加症」(※「[白血球増加症・減少症]好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症、好酸球(こうさんきゅう)増加症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患」)と連動して起こることがあります。
「単球(たんきゅう)増加症」の主な原因としては、急性・慢性炎症性疾患、感染症、免疫介在性疾患、糖質コルチコイドの投与、腫瘍性疾患、ストレスなどが挙げられます。

「リンパ球増加症・減少症」の原因・症状

「リンパ球」が基準値より増加している場合が「リンパ球増加症」、基準値より少ない場合が「リンパ球減少症」です。
「リンパ球増加症」の原因としては、興奮などの生理的な場合や、慢性感染、免疫介在性疾患、副腎皮質機能低下症、腫瘍性疾患など病的な場合もあります。
一方「リンパ球減少症」の原因としては、ストレス、糖質コルチコイドの投与、猫白血病ウイルス、猫免疫不全ウイルス感染症、またリンパ液が漏出するような胃腸疾患などが挙げられます。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。

眠る子猫
重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

大腸菌症(だいちょうきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

宿主以外の体に入り込むことで発症する病原菌があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「大腸菌症(だいちょうきんしょう)」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は猫にとって毒

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を猫が摂取すると、植物成分によって中毒症状を起こすことがあります。このことは、比較的最近発覚したということもあり、まだあまり広くしられていないようです。

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。