MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。

抱っこされている猫
今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

Sponsored Link

赤血球増加症(多血症)

末梢血液の単位容積における赤血球数やヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値が正常値よりも下回っている状態になると「貧血」がおこりますが、逆に血液内の赤血球が増加しすぎてしまうことで発症するのが「赤血球増加症」(多血症)です。

「赤血球増加症」(多血症)の原因・症状

「赤血球増加症」(多血症)は非常に症例が少ない病気で、未だ治療法が確立されていない病気でもあります。
「赤血球増加症」(多血症)になると、赤血球が増加することによって血液の粘度が増して血がドロドロになってしまい、血流障害がおこります。
「赤血球増加症」(多血症)は、体内の水分不足などが原因となる「相対的増加」と、何らかの異常によって発生する「絶対的増加」の2つにわけられます。
さらに、「絶対的増加」の原因は「一次性」と「二次性」に大別されます。
「一次性」の場合は、骨髄内の赤血球系幹細胞の異常が原因となり赤血球の産生が異常に増加する「慢性骨髄増殖性疾患」の一つで、「真性赤血球増加症」(真性多血症)とも呼ばれます。
「二次性」の場合は、腎臓腫瘍、心肺疾患、呼吸器疾患による低酸素症など、別の疾患が原因となって「エリスロポエチン」という造血因子が増加し過ぎることで、結果、赤血球が増加しすぎてしまうために発症します。
元気消失を始めとした異常が猫に見られたら、すぐに動物病院で診てもらうことが大切です。
動物病院では、血液検査などによって診断されることになります。
治療は、濃すぎる血液を体内から抜く「瀉血(しゃけつ)」や、「ソルラクト」の輸液によって血液を薄めようと試みられたり、あるいは「ハイドロキシウレア」などの抗がん剤の投与などが行われることになるでしょう。
「一次性」の場合は残念ながら完治するのが難しいと考えられていますが、適切な治療を続けて状態がよくなっているという例もあるようですので、発病しても望みを捨てず根気強く治療を続けることが大切だと思います。
「二次性」の場合は、「赤血球増加症」(多血症)に対する治療、及び原因疾患に対する治療が行われることになります。
「赤血球増加症」(多血症)は、症例も少なく重い病ですが、猫に極力ストレスを与えず治療に専念することが改善への道となるでしょう。

 

■メオナビおすすめのキャットフード

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サイエンスダイエット プロ 健康ガード 関節 1.5kg 猫用
価格:2421円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天性の病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」について見ていきます。

椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍(せきずいしゅよう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脊椎疾患によって、猫が痛くて歩けなくなる病気があります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「椎間板ヘルニア」「脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。

進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

同時多発的に全身の関節に炎症が起こる病気があります。今回は、猫の骨関節疾患、「進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん)」について見ていきます。

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

抗原と免疫抗体の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

病気は早期発見が重要!顔からわかる猫の異変

猫が病気で苦しむ前に、普段から顔や表情を観察して異常がないかチェックすることが大切です。手遅れになる前に、早期発見できるよう努めてあげるのも飼い主の大切な役目です。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。