MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[再生性貧血]溶血性貧血(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。

花をつけた猫
今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症)についてです。

Sponsored Link

溶血性貧血

通常、猫の体内における「赤血球」の生理的寿命はおよそ70日ですが、それが様々な原因により生理的寿命を迎える前に破壊してしまうことで生じる貧血症状を「溶血性貧血」といいます。
「溶血性貧血」は先天性と後天性のそれぞれが存在しますが、猫における「溶血性貧血」はその殆どが後天性であると言われています。
後天性の場合の原因は、感染症や科学中毒性物質の摂取、物理的破壊、免疫介在性などが考えられます。
また先天性の場合は、「ピルビン酸キナーゼ欠損症」、「ポルフィリン症」などによる発生事例があります。

「免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ)」

「免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ)」は、「猫白血病ウイルス感染」などの感染症や、悪性腫瘍、薬剤の投与が原因となって発生する続発性と、原因不明の突発性に分類できます。
何らかの原因により、自分自身の「赤血球」に対する抗体が体内で生産され、それが「赤血球」と結合することで脾臓や血管内で「赤血球」が破壊され、貧血が発生します。
「免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ)」になると、食欲不振、元気消失、呼吸促迫、欠病などの症状が現れます。
猫に異常が確認されたらすぐに獣医師に診てもらうことが大切です。

「ピルビン酸キナーゼ欠損症」

体内で「赤血球」が生存するために必要な酵素の一つとして「ピルビン酸キナーゼ」という酵素があり、この酵素が先天的に欠損しているために「溶血性貧血」が発生するのが「ピルビン酸キナーゼ欠損症」です。
「ピルビン酸キナーゼ欠損症」の場合、運動不振、元気消失、頻脈などの症状が現れます。
またこの病気については、「アビシニアン」や「ソマリ」での事例が存在しています。

「ポルフィリン症」

「ポルフィリン症」は非常にめずらしい病気で、「赤血球」を構成している「ヘム」の合成系に関係する酵素が遺伝により欠損していることで発生する病気です。
症状として、「赤血球」が溶血することで尿がピンク色になったり、重度の貧血が起こります。
また同時に、皮膚において光線過敏症による皮膚炎が発生することもあります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]ノカルジア症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「ノカルジア症」について見ていきます。

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

ボルデテラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫に感染すると重症化する可能性の高い細菌性・ウイルス性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ボルデテラ症」について見ていきます。

フィラリア症(犬糸状虫症) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

数年間に渡って心臓、および心臓周辺の血管で繁殖を続ける感染病があります。今回は、猫における循環器疾患、「フィラリア症」について見ていきます。

ムコ多糖症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ライソゾーム蓄積病の一種の、骨関節弛緩についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「ムコ多糖症」について見ていきます。

マダニ、白癬(はくせん) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

寄生による猫の肌トラブルなど異変に気づくためにも普段からのグルーミングで観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「マダニ」「白癬(はくせん)」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

野兎病(やとびょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

もともとは野うさぎやリス、ネズミなどの病気でしたが猫に対しても病原性のある病気があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「野兎病(やとびょう)」について見ていきます。