MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ネコカリシウイルス性関節症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

 

ウイルス感染が原因で起こる一過性の多発性関節炎があります。

遊んでいる子猫
今回は、猫の骨関節疾患、「ネコカリシウイルス性関節症」について見ていきます。

Sponsored Link

ネコカリシウイルス性関節症

「ネコカリシウイルス」(FCV)は感染症の代表的な病原で、呼吸器感染症の一つです。

「ネコカリシウイルス性関節症」の原因・症状

「ネコカリシウイルス」(FCV)に感染すると一過性の多発性関節炎が起こることがあり、それが「ネコカリシウイルス性関節症」です。
「ネコカリシウイルス」(FCV)感染での症状は、感染初期は発熱、鼻水、くしゃみ、食欲減退、元気消失などが確認されます。
さらに肺炎などに二次感染することもあり、その場合は病状によっては死に至ることすらあります。
また、多発性関節炎が発症すると、歩行障害、全身の知覚過敏、筋肉の疼痛などが現れます。
猫にとってストレスがかかる環境が「ネコカリシウイルス」への感染リスクを高めると考えられており、特に外で飼育している生後6ヶ月以下の子猫、また集団飼育した時に感染が起こりやすいと言われています。
ネコカリシウイルス生ワクチンの接種後にも「ネコカリシウイルス性関節症」の症状が確認されることがあり、ワクチン接種後に何かしらの反応が現れた場合、関節症は呼吸器症状よりも高い確立で確認されたという事例もあるようです。
「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染、あるいは歩行障害などその症状から感染の可能性がある場合は、動物病院で診てもらい早めに適切な治療を行う必要があります。
動物病院では、血液検査、咽頭や鼻腔の検体検査によって診断を行うことになります。
血液検査では、カリシウイルス抗体価の測定により「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染の有無を確認します。
関節炎を起こしている場合、関節からウイルスをを分離することは困難であるため、「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染や症状により総合的に判断し診断することになるでしょう。
ほとんどの場合、3,4日もすれば自然回復すると言われておりますが、呼吸困難など重症化している場合は軽視できず、症状を慢性化させないためにも適切な対処療法が必要です。
また、子猫に多く発症するため「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染により衰弱している場合は、栄養管理が必要になります。
他の細菌やウイルスに二次感染している場合や、あるいは二次感染を防ぐための目的で抗生物質の投与が行われることもあります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

癌(がん)・リンパ腫、猫エイズ(FIV) : 飼い主が知っておきたい重い病気

かかると重い病気として「癌(がん)・リンパ腫」や「猫エイズ」という病気があります。今回は、これら猫における重い病気、「癌(がん)・リンパ腫」、「猫エイズ」について見ていきます。

猫伝染性貧血、血栓症、心臓病 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫に循環器系の病気の症状が現れたら、激しく動かすことは避けて安静な状態でできるだけ早く動物病院で診てもらうことが重要です。今回は、猫における循環器系の病気、「猫伝染性貧血」「血栓症」「心臓病」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。

目における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫の目における悪性腫瘍についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「目における腫瘍」について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の食欲や水の飲み方をチェック

猫も体調により食欲や水の飲み方などに変化が現れます。食欲や飲水量がいつもと違うと感じたら、猫の体調は大丈夫か気にしてみてあげることが必要です。

果物屋
猫も食べられる果物

猫に食べさせてはいけない果物やできればあまり食べさせたくない果物もありますが、全てがダメなわけではなく、猫の体にもよい果物もあります。ただし、果物は全般的に糖分が高いので、くれぐれも食べさせすぎは禁物です。