MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ネコカリシウイルス性関節症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

 

ウイルス感染が原因で起こる一過性の多発性関節炎があります。

遊んでいる子猫
今回は、猫の骨関節疾患、「ネコカリシウイルス性関節症」について見ていきます。

Sponsored Link

ネコカリシウイルス性関節症

「ネコカリシウイルス」(FCV)は感染症の代表的な病原で、呼吸器感染症の一つです。

「ネコカリシウイルス性関節症」の原因・症状

「ネコカリシウイルス」(FCV)に感染すると一過性の多発性関節炎が起こることがあり、それが「ネコカリシウイルス性関節症」です。
「ネコカリシウイルス」(FCV)感染での症状は、感染初期は発熱、鼻水、くしゃみ、食欲減退、元気消失などが確認されます。
さらに肺炎などに二次感染することもあり、その場合は病状によっては死に至ることすらあります。
また、多発性関節炎が発症すると、歩行障害、全身の知覚過敏、筋肉の疼痛などが現れます。
猫にとってストレスがかかる環境が「ネコカリシウイルス」への感染リスクを高めると考えられており、特に外で飼育している生後6ヶ月以下の子猫、また集団飼育した時に感染が起こりやすいと言われています。
ネコカリシウイルス生ワクチンの接種後にも「ネコカリシウイルス性関節症」の症状が確認されることがあり、ワクチン接種後に何かしらの反応が現れた場合、関節症は呼吸器症状よりも高い確立で確認されたという事例もあるようです。
「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染、あるいは歩行障害などその症状から感染の可能性がある場合は、動物病院で診てもらい早めに適切な治療を行う必要があります。
動物病院では、血液検査、咽頭や鼻腔の検体検査によって診断を行うことになります。
血液検査では、カリシウイルス抗体価の測定により「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染の有無を確認します。
関節炎を起こしている場合、関節からウイルスをを分離することは困難であるため、「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染や症状により総合的に判断し診断することになるでしょう。
ほとんどの場合、3,4日もすれば自然回復すると言われておりますが、呼吸困難など重症化している場合は軽視できず、症状を慢性化させないためにも適切な対処療法が必要です。
また、子猫に多く発症するため「ネコカリシウイルス」(FCV)への感染により衰弱している場合は、栄養管理が必要になります。
他の細菌やウイルスに二次感染している場合や、あるいは二次感染を防ぐための目的で抗生物質の投与が行われることもあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

[止血凝固異常]血友病(けつゆうびょう)、フォン・ヴィレブランド病 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

遺伝性疾患による、血液凝固機構の異常=「止血凝固異常」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「血友病(けつゆうびょう)」「フォンヴィレブランド病」について見ていきます。

血尿症(けつにょうしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

尿の中に血液が混ざっている状態が「血尿症(けつにょうしょう)」です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「血尿症(けつにょうしょう)」について見ていきます。

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

猫の「またたび」の好きっぷりにはいつも驚き

大好物であることを例えて「猫にまたたび、お女郎に小判」などと言われるほど、猫は「またたび」が大好きです。しかし猫の「マタタビ反応」をみていると、普通ではない状態になってしまうので少し心配になってきますが、猫の体に害はないのでしょうか。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。