MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

 

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。

外でくつろぐ猫
今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

Sponsored Link

アキレス腱断裂

「アキレス腱断裂」はほとんどが外傷が原因の急性ですが、中には徐々にアキレス腱が傷んで切れていく慢性の場合もあります。

「アキレス腱断裂」の原因・症状

「アキレス腱」は、猫のかかとに位置する太い腱です。
「アキレス腱断裂」の原因は、ほとんどの場合は交通事故などの外傷によるもので、アキレス腱の一部のみが断裂することを「部分断裂」、アキレス腱の全てが断裂してしまうことを「完全断裂」と呼びます。
「アキレス腱断裂」の原因が外傷が原因である場合としては、自動車の車輪への巻き込み事故や高い場所からの落下、刃物など鋭い物による外傷などが例として挙げられます。
また、慢性例の場合は、徐々にアキレス腱が傷んで最後は断裂してしまうということもあります。
慢性例の場合は少しずつ症状が現れ、「ベタ足」の姿勢が少しずつ進行してきます。
「アキレス腱」が断裂してしまった場合、症状としては歩行が困難になりなります。
「完全断裂」である場合、断裂した足と正常な足とを比較するとかかとの高さに違いが確認できたり、また、関節が異常に曲がってかかとが完全に地面についてしまう「ベタ足」の状態になります。
また損傷の初期段階は激しい痛みを感じることもあります。
猫が「ベタ足」になっていたり、かかとの高さが違っていたりした場合はすみやかに獣医師の診断を受けましょう。
動物病院では、「ベタ足」の状態確認や触診により診断されます。
触診に伴い、猫は激しい痛みを感じることもあります。
またX線検査や超音波による検査によってアキレス腱の状態や断裂の状態を確認することもあります。
「アキレス腱断裂」の症状は、「腓腹筋等種子骨剥離(ひふくきんとうしゅしはくり)」という病気の症状と酷似していますが、単純X線検査により鑑別することができます。
「アキレス腱断裂」における治療は、鎮痛薬の投与など保存療法に加えて、外科手術が行われることになるでしょう。
外科手術では、断裂したアキレス腱を縫い合わせることになります。
手術後はおよそ2ヶ月間は、運動を制限し安静を保つ必要があります。
慢性断裂の場合、切断したアキレス腱を縫い合わせることが困難な場合もあります。
その場合は、足根関節を固定することで治療を行うことになります。
「アキレス腱」が切れている足を外部から固定し、回復を待つことになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

野兎病(やとびょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

もともとは野うさぎやリス、ネズミなどの病気でしたが猫に対しても病原性のある病気があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「野兎病(やとびょう)」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

2つの腎臓は体内の水分量を適切に保ち血液の不純物をろ過するための大事な器官です。今回は、猫における消化器系の病気、「腎不全(じんふぜん)」、「尿失禁(にょうしっきん)」について見ていきます。

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における異常についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

胃内異物(いないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「胃内異物(いないいぶつ)」について見ていきます。

進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

同時多発的に全身の関節に炎症が起こる病気があります。今回は、猫の骨関節疾患、「進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん)」について見ていきます。

耳道(じどう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「耳道(じどう)における腫瘍」は、中齢から老齢の猫に発生する病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「耳道(じどう)における腫瘍」について見ていきます。

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。