MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

 

原因は先天性の場合と外傷性の場合があります。

横たわる白猫
今回は、猫の骨関節疾患、「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」について見ていきます。

Sponsored Link

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

猫の足の膝にある「お皿」のことである「膝蓋骨(しつがいこつ)」が大腿骨の溝から外れて脱臼してしまうことです。

「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」の原因・症状

「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」は犬において多く見られる疾患ですが、猫においてもまれに確認されます。
猫において「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」になりやすい品種としては、「デボンレックス」「メインクーン」「アビシニアン」「ペルシャ」「スコティッシュフォールド」などが挙げられます。
「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」には、生まれつき起こりやすい「先天性膝蓋骨脱臼(せんてんせいしつがいこつだっきゅう)」と怪我をしたことで起こる「外傷性膝蓋骨脱臼(がいしょうせいしつがいこつだっきゅう)」がありますが、猫の場合はおよそ8割が「先天性膝蓋骨脱臼(せんてんせいしつがいこつだっきゅう)」であると言われています。
「先天性膝蓋骨脱臼(せんてんせいしつがいこつだっきゅう)」の場合の原因は遺伝によるものであると考えられていたり、大腿四頭筋の緊張性不均衡や膝蓋骨が収まっている溝の深さなどが原因で発症するとも考えられています。
「外傷性膝蓋骨脱臼(がいしょうせいしつがいこつだっきゅう)」は交通事故や猫同士のケンカが原因となり発症します。
外傷を受けた場合、「前十字靭帯損傷」と同時に発生することや、「代謝性疾患」が骨に影響し変形してしまったことで発症する場合もあります。
また「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」により、足の内側に膝蓋骨がずれることを「内包脱臼」、足の外側に膝蓋骨がずれることを「外方脱臼」として分類しますが、殆どの場合「内包脱臼」で、且つ片側だけではなく両側で発症することが多く見られます。
「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」の猫の場合、「股関節形成不全」の発症リスクが3倍高くなると言われています。
無症状の場合もあれば、常に痛みを感じて歩行障害が起こっている場合もあります。
重症の場合は、足が曲がったまま伸ばすことができない状態になり、腰がかがんだ状態で歩くようになってしまいます。
猫の歩き方や動きをみて異常を感じたら、動物病院で診てもらう必要があります。
触診により診断することができ、また単純X線検査でも確認することができます。
症状によって治療方法は異なりますが、軽度である場合は鎮痛薬の投与、運動制限だけで改善に向かう場合もあります。
また状態によっては、外科手術が必要となることもあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。

オーストリッチミニピロー
ちょっとした仮眠のために作られたおすすめグッズ、MoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズ

今回は、眠気が抜けない時に便利な、スペイン製ハンドメイド携帯ピローMoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズついてご紹介します。

胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

猫の肝胆道系において一般的な炎症性疾患があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。

胃潰瘍(いかいよう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の深くまでを欠損してしまうと「胃潰瘍(いかいよう)」になります。今回は、猫における消化器系の病気、「胃潰瘍(いかいよう)」について見ていきます。

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

マダニ、白癬(はくせん) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

寄生による猫の肌トラブルなど異変に気づくためにも普段からのグルーミングで観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「マダニ」「白癬(はくせん)」について見ていきます。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍(せきずいしゅよう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脊椎疾患によって、猫が痛くて歩けなくなる病気があります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「椎間板ヘルニア」「脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)」について見ていきます。