MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

代謝性ミオパシー、ステロイドミオパシー、ラブラドールレトリバーミオパシー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

 

筋肉疾患のことを総称して「ミオパシー」または「ミオパチー」といいます。

あくびをする猫
今回は、猫の筋肉疾患、「代謝性ミオパシー」「ステロイドミオパシー」「ラブラドールレトリバーミオパシー」について見ていきます。

Sponsored Link

ミオパシー(ミオパチー)

猫二匹の背中
「ミオパシー(ミオパチー)」(myopathy)とは筋肉疾患の総称のことで、「ミオ」はギリシャ語で「筋肉」、「パシー」は「苦痛」という意味の言葉です。
「ミオパシー(ミオパチー)」の症状としては、大半が筋肉の萎縮、筋力の低下で、筋肉が萎縮する主な原因としては、筋肉自体に異常が発生する場合と、筋肉を動かすための神経に異常が発生する場合が考えられます。
筋肉自体における異常のことを「筋原性疾患」(ミオパシー、ミオパチー)と呼び、筋肉を動かすための神経における異常のことを「神経原性疾患」(ニューロパシー、ニューロパチー)と呼ぶこともあります。

「代謝性ミオパシー」

「代謝性ミオパシー」は、大きく分けると「糖代謝異常」「脂質代謝異常」「エネルギー代謝異常」「電解質代謝異常」によるものが挙げられます。
猫における「代謝性ミオパシー」での症例としては、「低カリウム血性ミオパシー」「高カリウム血性ミオパシー」「低カルシウム血性ミオパシー」「高ナトリウム血性ミオパシー」「ステロイドミオパチー」「ミトコンドリアミオパシー」などがあります。

「ステロイドミオパシー」

「ステロイドミオパシー」は、「クッシング症候群」、またステロイド療法にともなって発症する筋肉障害です。
ステロイドの投与による治療が行われると、治療開始後、数週間で顔面、四肢、の筋萎縮が現れることがあり、それらの症状を「ステロイドミオパチー」といいます。
「ステロイドミオパシー」になると、頭の骨が浮き出て見えたり、頬がこけてみえるようになります。

「ラブラドールレトリバーミオパシー」

「ラブラドールレトリバーミオパシー」は、犬のラブラドールレトリバーに確認された筋肉疾患で、筋肉中に「ネマリン(糸状)杆状体(かんじょうたい)」が形成されるのが特徴の病気です。
先天性の場合、生後6ヶ月から1歳半までの猫における症例があるようですが、「ラブラドールレトリバーミオパシー」の猫における発生は珍しいものです。
また、後天性の場合は「クッシング症候群」や「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」と併発する可能性がある病気とされています。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫伝染性貧血、血栓症、心臓病 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫に循環器系の病気の症状が現れたら、激しく動かすことは避けて安静な状態でできるだけ早く動物病院で診てもらうことが重要です。今回は、猫における循環器系の病気、「猫伝染性貧血」「血栓症」「心臓病」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

遺伝子が関与している骨関節の遺伝病があります。今回は、猫の骨関節疾患、「骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう)」について見ていきます。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

幽門狭窄(ゆうもんきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃の出口に当たる幽門部が肥大してしまい、十二指腸へ排出できなくなってしまう疾患があります。 今回は、猫における消化器系の病気、「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

眠る子猫
重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。