MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

代謝性ミオパシー、ステロイドミオパシー、ラブラドールレトリバーミオパシー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

 

筋肉疾患のことを総称して「ミオパシー」または「ミオパチー」といいます。

あくびをする猫
今回は、猫の筋肉疾患、「代謝性ミオパシー」「ステロイドミオパシー」「ラブラドールレトリバーミオパシー」について見ていきます。

Sponsored Link

ミオパシー(ミオパチー)

猫二匹の背中
「ミオパシー(ミオパチー)」(myopathy)とは筋肉疾患の総称のことで、「ミオ」はギリシャ語で「筋肉」、「パシー」は「苦痛」という意味の言葉です。
「ミオパシー(ミオパチー)」の症状としては、大半が筋肉の萎縮、筋力の低下で、筋肉が萎縮する主な原因としては、筋肉自体に異常が発生する場合と、筋肉を動かすための神経に異常が発生する場合が考えられます。
筋肉自体における異常のことを「筋原性疾患」(ミオパシー、ミオパチー)と呼び、筋肉を動かすための神経における異常のことを「神経原性疾患」(ニューロパシー、ニューロパチー)と呼ぶこともあります。

「代謝性ミオパシー」

「代謝性ミオパシー」は、大きく分けると「糖代謝異常」「脂質代謝異常」「エネルギー代謝異常」「電解質代謝異常」によるものが挙げられます。
猫における「代謝性ミオパシー」での症例としては、「低カリウム血性ミオパシー」「高カリウム血性ミオパシー」「低カルシウム血性ミオパシー」「高ナトリウム血性ミオパシー」「ステロイドミオパチー」「ミトコンドリアミオパシー」などがあります。

「ステロイドミオパシー」

「ステロイドミオパシー」は、「クッシング症候群」、またステロイド療法にともなって発症する筋肉障害です。
ステロイドの投与による治療が行われると、治療開始後、数週間で顔面、四肢、の筋萎縮が現れることがあり、それらの症状を「ステロイドミオパチー」といいます。
「ステロイドミオパシー」になると、頭の骨が浮き出て見えたり、頬がこけてみえるようになります。

「ラブラドールレトリバーミオパシー」

「ラブラドールレトリバーミオパシー」は、犬のラブラドールレトリバーに確認された筋肉疾患で、筋肉中に「ネマリン(糸状)杆状体(かんじょうたい)」が形成されるのが特徴の病気です。
先天性の場合、生後6ヶ月から1歳半までの猫における症例があるようですが、「ラブラドールレトリバーミオパシー」の猫における発生は珍しいものです。
また、後天性の場合は「クッシング症候群」や「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」と併発する可能性がある病気とされています。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー、筋ジストロフィー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

の筋肉が硬直化する病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」「筋ジストロフィー」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)(ニューロパシー)、自律神経障害(じりつしんけいしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経系における障害についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)」(ニューロパシー)、「自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)」について見ていきます。

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

マイコプラズマ多発性関節炎 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

体内に寄生している真正細菌が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「マイコプラズマ多発性関節炎」について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。