MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

 

猫の筋肉における疾患により猫に歩行障害、運動障害が発生することがあります。

眠る子猫
今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)

猫がすぐに疲れてしまって、運動、散歩ができなくなり、筋肉に力が入らなくなってしまう病気です。

「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」の原因・症状

「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」は筋接合部に存在している「アセチルコリン・レセプター」という神経伝達物質の異常によって起こります。
「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」は、散歩や運動をするとすぐに疲れてしまい、息が上がってしまう運動不耐性が特徴の疾患です。
原因は先天性の場合と後天性の場合があり、先天性の場合は生まれつき「アセチルコリン・レセプター」が欠損していたり異常形成されていることで発生します。
先天性の「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」は、品種で見ると特に「シャム」における発生が多いようです。
後天性の「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」は、原因不明の特発性によるものや、あるいは胸腺腫や胆管肉腫、骨肉腫など腫瘍随伴性により「アセチルコリン・セレプター」に対する抗体が作られることで、レセプターを破壊してしまうことで発生します。
およそ5歳〜7歳の中年齢の猫に発生しやすく、「アビシニアン」「ソマリ」における発生が多いようです。
まだ歩くことはできたとしても、歩行や運動を続けることで症状が悪化し、徐々に歩幅が減り歩行が困難になります。
休憩すれば一度回復はするものの、再度運動することで更に虚弱になります。
症状として他には、眼瞼下垂やよだれを流したり、口が開いたままになってしまったり食べ物が喉を通らずに吐き出してしまったりといったことが現れます。
このような症状が見られた場合は直ちに動物病院で診察してもらう必要があります。
診断は、臨床症状、血清中抗アセチルコリンレセプター抗体価の測定や、塩化エドロホニウム試験、反復神経刺激試験や胸部X線検査によって確定されます。
治療は薬の投与によって行われ、長時間作用型抗コリンエステラーゼの投与、巨大食道症などの局所症状がある場合は立ったまま食事させることで誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を防ぐ必要がでてきます。
治療中は食事の際に十分な注意が必要となります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

原因は先天性の場合と外傷性の場合があります。今回は、猫の骨関節疾患、「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」について見ていきます。

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから、「膿皮症」や「脂漏症」など皮膚病になり、猫は皮膚に炎症が起こり痛みを感じます。今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

腸炎(ちょうえん)、肛門嚢炎(こうもんのうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

病気でトイレが不快だと非常に辛いのは猫も一緒です。今回は、猫における消化器系の病気、「腸炎(ちょうえん)」、「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

膵炎(すいえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

これまで生前の診断が難しかった病気があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「膵炎(すいえん)」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。