MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ホルネル症候群、顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

 

猫の顔や表情、目、口、鼻、耳に異常が現れる病気があります。

猫の目アップ
今回は、猫の脳脊髄疾患、「ホルネル症候群」「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」について見ていきます。

Sponsored Link

ホルネル症候群

「ホルネル症候群」は目に分布する交感神経、間脳視床下部から眼球までの頚部交感神経における障害により起こる疾患です。

「ホルネル症候群」の原因・症状

「ホルネル症候群」は、突発性や外傷、腫瘍、中内耳炎など、発症の原因は様々で、その中でも中内耳炎、突発性による原因が最も多いと言われている病気です。
「ホルネル症候群」になると、目が細くなる眼瞼狭窄(がんけんきょうさく)、瞳孔が小さくなる縮瞳(しゅくどう)、第三眼瞼突出(だいさんがんけんとっしゅつ)が症状として現れ、また殆どの場合は片方の目だけに発症します。
猫の目に異常を感じたら、獣医師に診てもらうことが必要になります。
動物病院での診断は、臨床症状、画像検査、薬理学的検査により行われます。
治療としては、「ホルネル症候群」になってしまった根本的な現任に対して行われます。
腫瘍が原因の場合は腫瘍をなくすための処方がなされ、炎症に対してはそのための処方がなされます。
突発性ホルネル症候群の場合、確立された治療法が無いのが現状ですが、自然に回復すること事例としては存在しているようです。

顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)

猫の顔アップ
「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」は中高齢の猫に多く見られる病気です。

「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」の原因・症状

「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」は、外傷や脳疾患、内耳疾患が原因となって発症することもありますが、殆どの場合は原因不明の突発性によるものです。
症状としては、唇が下垂し唇が動かないためによだれが多くなったり、瞬きができず涙がでなくなったり、耳が動かなくなったりといったことが現れます。
多くの場合は片側に現れますが、両側に発症することもあります。
涙が出なくなって「乾性角結膜炎」になったり、「三叉神経麻痺」や「ホルネル症候群」が併発することあります。
猫の表情に異常が見られたら獣医師に診てもらうことが必要です。
突発性顔面神経麻痺の場合、治療方法が確立されていないのが現状ですが、症状が残ることもあれば自然治癒することもあります。
「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」の原因が脳疾患や内耳疾患の場合は、その基礎疾患の治療を行うことで症状を完治させることになります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

盲腸や結腸、直腸などの大腸に見られる慢性的な腸炎があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん)」について見ていきます。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

オーストリッチミニピロー
ちょっとした仮眠のために作られたおすすめグッズ、MoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズ

今回は、眠気が抜けない時に便利な、スペイン製ハンドメイド携帯ピローMoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズついてご紹介します。

血尿症(けつにょうしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

尿の中に血液が混ざっている状態が「血尿症(けつにょうしょう)」です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「血尿症(けつにょうしょう)」について見ていきます。

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

耳道(じどう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「耳道(じどう)における腫瘍」は、中齢から老齢の猫に発生する病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「耳道(じどう)における腫瘍」について見ていきます。

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。

胃潰瘍(いかいよう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の深くまでを欠損してしまうと「胃潰瘍(いかいよう)」になります。今回は、猫における消化器系の病気、「胃潰瘍(いかいよう)」について見ていきます。