MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

 

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。

眠っている猫
今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)

「原虫性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は原虫が原因で発症している「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」です。

「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」の原因・症状

「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は、「トキソプラズマ」や「ネオスポラ」等の原虫が感染することによって起こります。
これら原虫が猫に感染する経路としては、経口感染(口を通って感染すること)が最も多いと考えられます。
「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」になると、症状として急性あるいは慢性的な神経機能不全がおこります。
癲癇発作、片側麻痺、四肢麻痺、また眼振・斜頸・顔面神経麻痺など脳神経障害の症状が現れます。
猫に、このような症状をはじめ異常が現れた場合には、すぐに動物病院につれていって獣医師の診察を受けるようにしましょう。
動物病院では、血液検査や脳性髄液検査、MRIやCT検査などによって診断されますが、特に脳脊髄液検査は脳炎を診断するのに重要な検査となります。
「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」の場合は、「クリンダマイシン」などの抗生物質の投与によって治療が行われることになるでしょう。

灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)

横を向いている猫
「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」は、原因不明の突発性、非化膿性炎症性疾患(ひかのうせいえんしょうせいしっかん)で病原体が特定されていない病気です。

「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」の原因・症状

「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」になると、およそ2ヶ月から3ヶ月間をかけて症状が現れ、特に後ろ足の不全麻痺、運動失調となります。
異常が現れたら動物病院で診てもらうことが必要です。
臨床症状、MRI、CT検査等によって診断が行われますが、生前診断は困難な病気です。
「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」は、まだ治療法が確立されていない辛い病です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]ノカルジア症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「ノカルジア症」について見ていきます。

心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の発達異常による病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう)」について見ていきます。

フライドチキン
大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

結膜炎、角膜炎 : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫が目の病気にかかったからといって目だけの異常だとは限りません。全身的な症状の一部として目にあらわれていることもありますので、他にも体の異常がないか早めに獣医師の診断をうけることが大切です。今回は、猫がかかりやすい目の病気「結膜炎」「角膜炎」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]アクチノミセス症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「アクチノミセス症」について見ていきます。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。