MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

 

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。

眠っている猫
今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)

「原虫性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は原虫が原因で発症している「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」です。

「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」の原因・症状

「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は、「トキソプラズマ」や「ネオスポラ」等の原虫が感染することによって起こります。
これら原虫が猫に感染する経路としては、経口感染(口を通って感染すること)が最も多いと考えられます。
「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」になると、症状として急性あるいは慢性的な神経機能不全がおこります。
癲癇発作、片側麻痺、四肢麻痺、また眼振・斜頸・顔面神経麻痺など脳神経障害の症状が現れます。
猫に、このような症状をはじめ異常が現れた場合には、すぐに動物病院につれていって獣医師の診察を受けるようにしましょう。
動物病院では、血液検査や脳性髄液検査、MRIやCT検査などによって診断されますが、特に脳脊髄液検査は脳炎を診断するのに重要な検査となります。
「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」の場合は、「クリンダマイシン」などの抗生物質の投与によって治療が行われることになるでしょう。

灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)

横を向いている猫
「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」は、原因不明の突発性、非化膿性炎症性疾患(ひかのうせいえんしょうせいしっかん)で病原体が特定されていない病気です。

「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」の原因・症状

「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」になると、およそ2ヶ月から3ヶ月間をかけて症状が現れ、特に後ろ足の不全麻痺、運動失調となります。
異常が現れたら動物病院で診てもらうことが必要です。
臨床症状、MRI、CT検査等によって診断が行われますが、生前診断は困難な病気です。
「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」は、まだ治療法が確立されていない辛い病です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

病気は早期発見が重要!顔からわかる猫の異変

猫が病気で苦しむ前に、普段から顔や表情を観察して異常がないかチェックすることが大切です。手遅れになる前に、早期発見できるよう努めてあげるのも飼い主の大切な役目です。

ホルネル症候群、顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の顔や表情、目、口、鼻、耳に異常が現れる病気があります。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「ホルネル症候群」「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」について見ていきます。

ネコカリシウイルス性関節症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ウイルス感染が原因で起こる一過性の多発性関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「ネコカリシウイルス性関節症」について見ていきます。

[骨肉腫(こつにくしゅ)]体軸骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫」は、発生部位により大きく「体軸骨格」と「四肢骨格」の二つに分類されます。今回は、猫における腫瘍性疾患「骨肉腫」のうち、「体軸骨格における骨肉腫」について見ていきます。

咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)、腫瘍随伴性筋炎(ずいはんせいきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の体の筋肉に起こる病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」「腫瘍随伴性筋炎(しゅようずいはんせいきんえん)」について見ていきます。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

マダニ、白癬(はくせん) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

寄生による猫の肌トラブルなど異変に気づくためにも普段からのグルーミングで観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「マダニ」「白癬(はくせん)」について見ていきます。

胸腺腫(きょうせんしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

老齢の猫に発生する悪性腫瘍があります。 今回は、猫における腫瘍性疾患、「胸腺腫(きょうせんしゅ)」について見ていきます。