MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

 

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。

眠っている猫
今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)

「原虫性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は原虫が原因で発症している「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」です。

「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」の原因・症状

「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は、「トキソプラズマ」や「ネオスポラ」等の原虫が感染することによって起こります。
これら原虫が猫に感染する経路としては、経口感染(口を通って感染すること)が最も多いと考えられます。
「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」になると、症状として急性あるいは慢性的な神経機能不全がおこります。
癲癇発作、片側麻痺、四肢麻痺、また眼振・斜頸・顔面神経麻痺など脳神経障害の症状が現れます。
猫に、このような症状をはじめ異常が現れた場合には、すぐに動物病院につれていって獣医師の診察を受けるようにしましょう。
動物病院では、血液検査や脳性髄液検査、MRIやCT検査などによって診断されますが、特に脳脊髄液検査は脳炎を診断するのに重要な検査となります。
「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」の場合は、「クリンダマイシン」などの抗生物質の投与によって治療が行われることになるでしょう。

灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)

横を向いている猫
「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」は、原因不明の突発性、非化膿性炎症性疾患(ひかのうせいえんしょうせいしっかん)で病原体が特定されていない病気です。

「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」の原因・症状

「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」になると、およそ2ヶ月から3ヶ月間をかけて症状が現れ、特に後ろ足の不全麻痺、運動失調となります。
異常が現れたら動物病院で診てもらうことが必要です。
臨床症状、MRI、CT検査等によって診断が行われますが、生前診断は困難な病気です。
「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」は、まだ治療法が確立されていない辛い病です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

猫にお餅を食べさせてはいけません!

猫が「お餅」や「お団子」を食べてしまうことでの危険性は、喉をつまらせてしまうことや、歯や顎に「お餅」や「お団子」がくっついてしまうというリスクにあります。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

原因は先天性の場合と外傷性の場合があります。今回は、猫の骨関節疾患、「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」について見ていきます。

大腸菌症(だいちょうきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

宿主以外の体に入り込むことで発症する病原菌があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「大腸菌症(だいちょうきんしょう)」について見ていきます。

白内障、緑内障 : 飼い主が知っておきたい目の病気

人間と同様に、特に年齢を重ねるとかかりやすい目の病気があります。あるいは目の外傷や他の病気との併発によって起こる病気もあります。今回は、猫における目の病気、「白内障」「緑内障」についてです。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

幽門狭窄(ゆうもんきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃の出口に当たる幽門部が肥大してしまい、十二指腸へ排出できなくなってしまう疾患があります。 今回は、猫における消化器系の病気、「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」について見ていきます。

肺水腫(はいすいしゅ)、肺線維症(はいせんいしょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

猫の肺における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「肺水腫(はいすいしゅ)」、「肺線維症(はいせんいしょう)」について見ていきます。

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々ですので、原因を特定し適切な治療が必要になります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。