MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

 

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々。原因を特定し適切な治療が必要になります。

真菌性脳炎
今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)

「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は真菌が原因で発症している「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」です。

「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」の原因・症状

「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は、「クリプトコッカス」「アスペルギルス」「コクシジオイデス」「ヒトプラズマ」「ブラストミセス」といった真菌の感染が原因で発症します。
猫が呼吸する際に、真菌の胞子を吸い込んでしまうことで感染したり、真菌に感染した鼻腔から脳へ感染が拡大することもあります。
「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」に感染すると、癲癇発作、片側麻痺、四肢麻痺、眼振・斜頸・顔面神経麻痺などの脳神経障害、運動失調などの症状が現れ、症状はゆっくりと進行することもあれば、急速に進行することもあります。
重症にならないうちにいち早く動物病院で診察を受けることが大切です。
診断は、血液検査、脳脊髄液検査、MRI、CT検査などによって行われます。
「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」は呼吸器感染と併発することが多く、胸部X線検査、尿検査、猫白血病ウイルス、猫免疫不全ウイルスの抗体検査も同様に行われることが多々あります。
脳内に肉芽腫が形成されている場合は外科手術によって患部を摘出する必要がある場合もありますが、治療には「フルコナゾール」「イトラコナゾール」などの抗真菌剤の投与によって行われます。

ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)

寝返りする猫
「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」はウイルスが原因で発症している「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」です。

「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」の原因・症状

「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」は、「猫免疫不全ウイルス」「猫ボルナウイルス」といったウイルス感染が原因で発症します。
「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」の場合、症状は急速に進行します。
癲癇発作、片側麻痺、四肢麻痺、眼振・斜頸・顔面神経麻痺などの脳神経障害、運動失調などの症状が現れるとともに、発熱や呼吸器症状が現れることもあります。
早めの治療により病気の進行を軽減させることができますので、猫に異常を感じたらすぐに動物病院で診てもらいましょう。
動物病院では、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」と同様に、血液検査、脳脊髄液検査、MRI、CT検査などによって診断することになり、治療は対症療法が行われることになります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

結膜炎、角膜炎 : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫が目の病気にかかったからといって目だけの異常だとは限りません。全身的な症状の一部として目にあらわれていることもありますので、他にも体の異常がないか早めに獣医師の診断をうけることが大切です。今回は、猫がかかりやすい目の病気「結膜炎」「角膜炎」について見ていきます。

できれば猫には食べさせないほうが良いパイナップル
できれば猫には食べさせないほうが良い果物

猫によってはアレルギー反応を引き起こしたり、カロリーや糖質、食物繊維のとりすぎになってしまう果物があります。今回は、できれば猫には与えないようがよい果物についてです。

肺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

殆どが悪性の肺腺癌か気管支腺癌で、発生する確率も他の部位と比較しても高い病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「肺における腫瘍」について見ていきます。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁閉鎖不全症(そうほうべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

ネコクラミジア感染症、失明 : 飼い主が知っておきたい目の病気

目だけではありませんが感染による病気については、適切な処置を早急に施さないと命の危険すら危ぶまれる可能性もあります。今回は、猫における目の病気「ネコクラミジア感染症」、また「失明」の症状について見ていきます。

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

排尿障害(はいにょうしょうがい) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

「膀胱炎(ぼうこうえん)」が併発していることが多々あります。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「排尿障害(はいにょうしょうがい)」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症、好酸球(こうさんきゅう)増加症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」に関する異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症」「好酸球(こうさんきゅう)増加症」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。