MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

 

猫の脊髄における異常についてです。

手を見せて横たわる猫
今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

Sponsored Link

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)

脊髄に空洞ができて、そこに脳脊髄液が貯留した状態が「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」です。

「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」の原因・症状

「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」の原因としては、先天性の場合と後天性の場合があり、後天性の場合は、脊椎奇形、脊髄腫瘍、脳奇形や脊髄炎・髄膜炎、椎間板ヘルニアなどの疾患に伴って発症することがありますが、原因不明の突発性の場合もあります。
症状としては、頸部に発症することが多く、頚部痛で首のあたりを触ったりすると痛がります。
また、胸腰部に発症した場合、ふらついたり歩けない状態になったりします。
重症の場合は体が麻痺することもあります。
愛猫に異常が見られたらすぐに動物病院に連れて行って診てもらいましょう。
「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」の診断にはMRI、CT検査、脳脊髄液検査、X線検査などによって確定診断されます。
治療は、原因に応じて疾患に対する治療を行うことになります。

脊椎奇形(せきついきけい)

目が合って固まる猫
先天的な原因により「脊椎奇形(せきついきけい)」である場合があります。

「脊椎奇形(せきついきけい)」の原因・症状

「脊椎奇形(せきついきけい)」の代表的な疾患には、「二分脊椎」や「半側脊椎」などがあり、「二分脊椎」は、発生段階の椎骨背側面の癒合不全の状態です。
そのため、「二分脊椎」だと脊椎が縦に割れているように見えたり、また、脊椎の背側欠損部分から髄膜が突出してしまうことや、皮膚の癒合不全が併発してしまい、皮洞と言われる穴が存在することもあります。
「半側脊椎」は、猫の胎児期における成長の過程で、椎骨が正常に形成されなかった場合に発生します。
神経症状が現れますが、根本的な治療方法はなく、外科手術によって脊髄にかかっている圧力を逃がすような対応をすることもあります。
「脊椎奇形(せきついきけい)」であっても症状が何も無いこともありますが、症状が出る場合は、後ろ足の不全麻痺や尿失禁、便失禁などを起こす場合があります。
他、症状や体の状態によっては、外科手術による治療が必要になることもあります。
猫の行動や様子がおかしいようであれば、動物病院に連れて行って獣医師に診てもらうことが必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

肺水腫(はいすいしゅ)、肺線維症(はいせんいしょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

猫の肺における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「肺水腫(はいすいしゅ)」、「肺線維症(はいせんいしょう)」について見ていきます。

鼻におけるリンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

中齢から老齢の猫に発生しやすい咽頭部の腫瘍がリンパ腫です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻におけるリンパ腫」について見ていきます。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。

猫にお餅を食べさせてはいけません!

猫が「お餅」や「お団子」を食べてしまうことでの危険性は、喉をつまらせてしまうことや、歯や顎に「お餅」や「お団子」がくっついてしまうというリスクにあります。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。

血尿症(けつにょうしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

尿の中に血液が混ざっている状態が「血尿症(けつにょうしょう)」です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「血尿症(けつにょうしょう)」について見ていきます。

鼓腸(こちょう)、下痢 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

「鼓腸(こちょう)」や「下痢(げり)」は消化管における病気の徴候の可能性もあります。今回は、猫における消化器系の異常、「鼓腸(こちょう)」、「下痢(げり)」について見ていきます。