MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

 

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。

副腎皮質の異常
今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

Sponsored Link

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))

「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))は、犬にしばしば見られる病気ですが猫においても発症リスクはあります。

「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))の原因・症状

「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))は、腎臓の上部に位置する副腎皮質から分泌される、「グルココルチコイド」(主として「コルチゾル」)および「ミネラルコルチコイド」(主として「アルドステロン」)という「副腎皮質ホルモン」が不足することによって発生する疾患です。
症状としては、元気消失、食欲不振、下痢、嘔吐、体重減少、多飲多尿、血便、低体温、痙攣などが現れ、これらは「副腎皮質ホルモン」の不足による症状です。
自己免疫性の突発的な副腎萎縮が原因になっていることが多く、副腎皮質が破壊されることで「副腎皮質ホルモン」が不足します。
副腎皮質の束状帯から分泌される「グルココルチコイド」、および副腎皮質の球状体から分泌される「ミネラルコルチコイド」(主として「アルドステロン」)のおよそ9割が破壊されてしまうと、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))の症状がでます。
また、猫の脳の奥に位置する「下垂体」が原因であることもあります。
「下垂体機能低下症」が発生していると、下垂体が分泌する副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が不足することで、結果、副腎皮質の束状帯から分泌される「グルココルチコイド」の産生が不足し、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))が発症することもあります。
重症にまで発展する前に、飼い主は猫に異常が認められたらすぐに獣医師にみてもらうことが必要です。
動物病院では、血液検査によって「アジソン病」と診断されることになります。
重度の副腎不全の場合は、輸血によって縦貫改善、ホルモン補充療法が行われることになるかもしれません。
輸血すると同時に「ヒドロコルチゾン製剤」の投与などが行われますが、それににより数時間以内に症状に改善が見られます。
症状が悪化する前にはやめに異常に気づいて、動物病院で診てもらうことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫を飼っている場合は、オス特有の病気にも注意が必要です。今回は、オス猫の病気、「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)」「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について見ていきます。

横隔膜ヘルニア、気胸(ききょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

横隔膜、胸腔における呼吸器疾患についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「横隔膜ヘルニア」、「気胸(ききょう)」について見ていきます。

ネフローゼ症候群 : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓疾患群の総称を「ネフローゼ症候群」と呼びます。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「ネフローゼ症候群」について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから、「膿皮症」や「脂漏症」など皮膚病になり、猫は皮膚に炎症が起こり痛みを感じます。今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。

エプリス(エプーリス)、口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

歯茎にできる良性の腫瘍があります。今回は、猫における猫における口の異常、「エプリス(エプーリス)」「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」について見ていきます。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。