MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

 

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。

副腎皮質の異常
今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

Sponsored Link

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))

「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))は、犬にしばしば見られる病気ですが猫においても発症リスクはあります。

「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))の原因・症状

「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))は、腎臓の上部に位置する副腎皮質から分泌される、「グルココルチコイド」(主として「コルチゾル」)および「ミネラルコルチコイド」(主として「アルドステロン」)という「副腎皮質ホルモン」が不足することによって発生する疾患です。
症状としては、元気消失、食欲不振、下痢、嘔吐、体重減少、多飲多尿、血便、低体温、痙攣などが現れ、これらは「副腎皮質ホルモン」の不足による症状です。
自己免疫性の突発的な副腎萎縮が原因になっていることが多く、副腎皮質が破壊されることで「副腎皮質ホルモン」が不足します。
副腎皮質の束状帯から分泌される「グルココルチコイド」、および副腎皮質の球状体から分泌される「ミネラルコルチコイド」(主として「アルドステロン」)のおよそ9割が破壊されてしまうと、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))の症状がでます。
また、猫の脳の奥に位置する「下垂体」が原因であることもあります。
「下垂体機能低下症」が発生していると、下垂体が分泌する副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が不足することで、結果、副腎皮質の束状帯から分泌される「グルココルチコイド」の産生が不足し、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))が発症することもあります。
重症にまで発展する前に、飼い主は猫に異常が認められたらすぐに獣医師にみてもらうことが必要です。
動物病院では、血液検査によって「アジソン病」と診断されることになります。
重度の副腎不全の場合は、輸血によって縦貫改善、ホルモン補充療法が行われることになるかもしれません。
輸血すると同時に「ヒドロコルチゾン製剤」の投与などが行われますが、それににより数時間以内に症状に改善が見られます。
症状が悪化する前にはやめに異常に気づいて、動物病院で診てもらうことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

唾液腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「シャム」に多く発症するということが言われている病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「唾液腺における腫瘍」について見ていきます。

ムコ多糖症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ライソゾーム蓄積病の一種の、骨関節弛緩についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「ムコ多糖症」について見ていきます。

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

サルモネラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

サルモネラは動物の排泄物や汚染水などに含まれている細菌の一種です。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「サルモネラ感染症」について見ていきます。

猫ウイルス性呼吸器疾患、慢性気管支炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

ウイルス性の呼吸器疾患は、ある程度防御効果が見込めるワクチン接種が効果的です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「猫ウイルス性呼吸器疾患」「慢性気管支炎(細気管支炎)」について見ていきます。

大腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的に血便や粘液便が見られたら注意が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「大腸における腫瘍」について見ていきます。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。