MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

 

猫における内分泌疾患についてです。

オケで眠る猫
今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」は、中年(およそ6歳)から高齢(およそ10歳以上)の猫に起こりやすい病気です。

「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」の原因・症状

「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」は、猫における内分泌疾患の中でも多く見られる病気で、猫の喉のあたりに位置する甲状腺において、「サイロキシン」「トリヨードサイロニン」という甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで体に障害が引き起こされる病気です。
「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」の症状としては、体重減少や多色、食欲不振、下痢、嘔吐、脱毛、多飲多尿、元気消失、呼吸困難などが現れます。
動物病院では、血液検査、X線検査やエコー検査によって診断されますが、心臓の肥大が確認されることもあります。
治療としては、薬の投与による内科的治療によって全身の症状を改善し、外科手術によって原因となっている甲状腺を摘出するということが必要になる場合があります。
早期発見による治療が大切となりますので、猫に異常を感じたらいち早く獣医師に相談することが大切です。

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

悲しい表情の猫
「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」は、喉のあたりに位置する甲状腺が機能低下し、甲状腺ホルモンの分泌が弱まることによる病気です。

「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」の原因・症状

甲状腺ホルモンは、全身の細胞における代謝を上げる働きをするホルモンです。
「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」が甲状腺ホルモンの働きが強くなりすぎる病気であるのに対し、「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」は甲状腺ホルモンの働きが弱まる病気です。
「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」は、先天性による原因で幼猫に発生することがある病気で、成猫においてはごくまれに起こる病気です。
成猫においては、「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」の治療が原因で発症することがあります。
症状としては、低体温、動作の鈍化、皮膚の色素沈着、心拍数・血圧の低下、脱毛などがあり、幼猫における先天性による原因の場合は、発育遅延や虚弱体質、頭囲拡大などが確認されます。
病状が悪化する前にいち早く動物病院で治療を受ける必要がある病気です。
治療には、甲状腺ホルモン製剤の投与などが必要となり、薬の投与は生涯にわたって必要となることもあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

野兎病(やとびょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

もともとは野うさぎやリス、ネズミなどの病気でしたが猫に対しても病原性のある病気があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「野兎病(やとびょう)」について見ていきます。

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。

大腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的に血便や粘液便が見られたら注意が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「大腸における腫瘍」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

軟骨肉腫(なんこつにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫(こつにくしゅ)」に次いで発生率が高い骨腫瘍についてです。今回は、猫における骨の腫瘍、「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」について見ていきます。