MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

乳腺炎(にゅうせんえん)、乳癌(にゅうがん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

 

メス猫特有の胸部における病気があります。

乳を飲む猫
今回は、メス猫の病気、「乳腺炎(にゅうせんえん)」、「乳癌(にゅうがん)」について見ていきます。

Sponsored Link

乳腺炎(にゅうせんえん)

「乳腺炎(にゅうせんえん)」は、出産後のメス猫における授乳期間中に起こる乳腺の炎症です。

「乳腺炎(にゅうせんえん)」の原因・症状

「乳腺炎(にゅうせんえん)」は、連鎖球菌の感染が原因で発生します。
「乳腺炎(にゅうせんえん)」になると、乳に血が混ざったり、乳頭が固くなり熱を持つようになったり、また食欲不振、嘔吐などの症状が現れます。
もし出産していない場合でも、「偽妊娠(ぎにんしん)」の猫にも「乳腺炎(にゅうせんえん)」になるリスクがありますので、メス猫の飼い主は異常に気づいたら直ぐに獣医師に診てもらうようにしましょう。
治療は抗生物質の投与によって行われますが、状態が悪い場合は外科手術が必要になることもあります。
「乳腺炎(にゅうせんえん)」になってしまった場合は、適切な処置を受けた後、母猫は完治するまでは安静を保つ必要があるでしょう。
また、子猫がいる場合は飼い主が乳を与えるようにするなどの対応が必要となります。
人の手によって乳を与える場合は、母猫から感染しないよう十分に手洗い等おこなうようにしましょう。

乳癌(にゅうがん)

猫の親子
「乳癌(にゅうがん)」は、不妊手術をしていないメス猫においては発生率が高くなる病気です。

「乳癌(にゅうがん)」の原因・症状

不妊手術をしていないメス猫が「乳癌(にゅうがん)」になった場合、およそ半数は悪性の可能性があると言われています。
「乳癌(にゅうがん)」はメス猫の乳腺に腫瘤(しゅりゅう)ができる病気で、原因は明確ではありませんがホルモンが影響していると考えられています。
早期発見によって、早期に治療が開始されるほど回復の見込みは高まりますので、メス猫の乳頭に腫瘤が確認できた場合は、すぐに動物病院で獣医師に診てもらうことが大切です。
治療方法としては、外科手術によって腫瘍を摘出、切除したり、薬剤による化学療法、放射線療法などがあります。
重医療は日々進歩していますので、ステージが進んでいても適切な治療によって病気が治る可能性も高まっており、今では猫の寿命も伸びてきています。
しかし、発見が早ければ早いほど「乳癌(にゅうがん)」が治る確立も上がりますので、飼っている猫がメスである場合は、乳頭に腫瘤ができていないか定期的にチェックするのが最善です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における異常についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

同時多発的に全身の関節に炎症が起こる病気があります。今回は、猫の骨関節疾患、「進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん)」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

スタッドテイル、クリプトコッカス症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

細菌感染や真菌への感染が原因で起こる皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚疾患、「スタッドテイル」「クリプトコッカス症」について見ていきます。

フィラリア症(犬糸状虫症) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

数年間に渡って心臓、および心臓周辺の血管で繁殖を続ける感染病があります。今回は、猫における循環器疾患、「フィラリア症」について見ていきます。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

バルトネラ症(猫ひっかき病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人間にも感染する恐れのある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「バルトネラ症」(猫ひっかき病)について見ていきます。