MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)、オスの三毛猫 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

 

オスの猫と暮らしている場合は、オス猫に起こる異常を見逃さないようにしましょう。

猫の後ろ姿
今回は肛門の周りにできる「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」、また病気ではありませんが非常にめずらしい「オスの三毛猫」についてです。

Sponsored Link

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)

「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」は猫には珍しい病気です。

「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」の原因・症状

「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」は、肛門の周りの皮膚直下にできる良性腫瘍でコブ状のものが確認できます。
特に歳をとった猫に発生しやすく、「アンドロゲン」という雄性ホルモンの作用によって発生します。
「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」が成長して潰瘍(かいよう)を起こした場合は外科手術によって取り除くこともあります。
また、腫瘍が大きくなる原因として雄性ホルモンの「テストステロン」が影響しているため、薬剤によるホルモン治療をおこなうこともあります。
また、再発防止のために去勢手術を施す必要があることもあります。
猫に腫瘍が確認されたら直ぐに動物病院で診てもらいましょう。

オスの三毛猫

跳ねる三毛猫
三毛猫の場合、性染色体の組み合わせによりそのほとんどはメス猫ですが、およそ3000匹に1匹の確立でオスの三毛猫が生まれることがあります。

「オスの三毛猫」について

三毛猫は通常はメスしか生まれませんが、染色体の異常によってオスの三毛猫が生まれることがあります。
猫の性染色体の組み合わせは、「オス猫=XY」、「メス猫=XX」となっていますが、染色体異常により「XXY」という組み合わせになって生まれてくるとオスの三毛猫が生まれることがあります。
染色体の「X」に毛色の情報をもっており、「XXY」という組み合わせになることで3色の毛色になることがあるということです。
「オスの三毛猫」だということを確定するには、染色体の核タイプを検査によって調べることで確定できますが、もし「オスの三毛猫」だったとしても、病気ではなく特別な症状などはないため、治療などの必要はありません。
ただ、オスの三毛猫は不妊の場合が多く、また短命である場合も多いため、少しでも長生きしてもらうためにも、より生活環境や食生活に気を配ってあげることが必要だと思います。
「オスの三毛猫」の価値としてはおよそ3,000万円などという話もあるくらい、生まれてくるのはごくまれで非常に希少な猫です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

フライドチキン
大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

猫に「イカ」を食べさせると腰を抜かす

猫に食べさせてはいけないものの一つに「イカ」があります。「イカ(生)」を食べると猫は腰を抜かしてしまいます。なお「タコ」も同様に食べさせてはいけません。

結晶尿(けっしょうにょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

ミネラル成分が尿中で結晶を形成することがあります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「結晶尿(けっしょうにょう)」について見ていきます。

危険!猫に食べさせてはいけない果物

人間が食べて美味しいと感じる果物でも、猫にとっては毒になってしまうことがあります。猫の飼い主は、与えてはいけない果物について把握しておく必要があります。今回は、猫に与えてはいけない果物についてです。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]ノカルジア症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「ノカルジア症」について見ていきます。

レプトスピラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人獣共通感染症であり、家畜伝染病予防法で届出伝染病に含まれる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「レプトスピラ症」について見ていきます。

ニキビダニ症、円形脱毛、心因性脱毛 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

飼い主が気づきにくい猫の異変もあるため、ブラッシング時など普段から注意深く観察することも大切です。今回は、猫における皮膚病、「ニキビダニ症」「円形脱毛」「心因性脱毛」について見ていきます。

卵巣における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

メス猫特有の卵巣における腫瘍は、報告例としては少ない病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「卵巣における腫瘍」について見ていきます。

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから、「膿皮症」や「脂漏症」など皮膚病になり、猫は皮膚に炎症が起こり痛みを感じます。今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。